新着Pick
62Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均-1.46%、TOPIX-1.72%、マザーズ-1.36%、REIT-0.29%。
最後1時間で100円弱戻したが弱い。為替もジワジワ円高推移で、一時109円台に突っ込んだ(今は15時には110.05円)。世界中全体の株価が弱く、アジア株もマイナス一色。上海は-0.7%(寄り付きは-2%ほどだったので大分戻した)。なお、ダウ先物は現在は機能終値から+33ドルと落ち着いている。
業種別には全業種下落、精密-2.81%、空運-2.71%、化学-2.69%、非鉄-2.65%など製造業中心に弱い。相対優位は情報通信-0.67%、サービス-0.70%、その他金融-0.88%、小売-0.91%など。
個別ではこんな相場だがファストリ+1.34%、ソフトバンクG+0.04%がプラスで、日経平均とTOPIXの差になっている。あとはヤマ発-13.37%、千代化-5.38%、SUMCO-5.14%、SCREEN-4.12%など。昨日ひどかった電子部品は村田-0.56%、太陽誘電-3.05%。決算発表のトヨタは一瞬プラスになったが引けは-0.95%。あとZOZO+8.03%と上昇。

以下、本日出た決算からざっと主要どころ。電子部品は、これまでも今日も-3割ほどの減益予想と実績期とあまり変わらない数値のところが混在している感じで興味深い。
機械系は売上はあまり変わらず、一桁半ば%の減益。富士フイルムは実績営業利益も過去最高で、今期は中計で出していた2300億円にさらに100億円乗せた。ドキュメントの構造改革が対中計比上振れ・前年比両方での増益要因。

ローム(1440発表、株価-5.02%):売上3900億円(前年比-2.3%)、営業利益390憶円(-30.2%)
ミネベアミツミ:売上1兆円(+16.4%、ユーシン連結化の寄与あり)、営業利益770億円(+6.9%)
ブラザー:売上6900億円(+0.9%)、営業利益650億円(-9.6%)
IHI:売上1.4兆円(-5.6%)、営業利益800億円(-3.0%)
住友重工:売上9050億円(+0.2%)、営業利益720億円(-4.3%)
富士フイルム:売上2.48兆円(+2.0%)、営業利益2400億円(+14.4%)
日本触媒:売上3450億円、営業利益265億円(IFRS移行で前年比なしだ、実績期とおおむね横ばいだと思う)
日経平均株価、TOPIXともに続落。調整局面。目先は多少の反発があったとしても、しばらく下方向への懸念を拭うのは難しいでしょう。どの程度の期間と深度になるでしょうか。年頭からの経緯を踏まえつつじっくり観察ですね。