新着Pick
65Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
登壇者のベースフードの橋本です。

D2C(Direct to Consumer)というビジネスモデルは、上流から下流までのバリューチェーンの全てを自社で担当するため、最適なCX(顧客体験)を届けられるだけでなく、今までのバリューチェーン上の制約から解き放たれて活動できます。

例えば、マーケティングでは、自社店舗を顧客観察と口コミの起点としつつ、それらを活かして主にインターネット上で販売する、という選択肢も自然にあり得ます。もちろん、このようなマーケティング手法は過去もありましたが、自然にというのが肝で、何でもありという状況に身を置くことができます。

バリューチェーンの全てを自社で担当するのは大変なので、業務委託を活用しつつ、その分商品ラインナップを絞ることで全体のバランスをとるケースが多いです。弊社ベースフードは、栄養バランスのいいパンと麺に絞っています(https://basefood.co.jp/)。
3社とも同じD2Cとはいえ、EC/リアル店舗の販売戦略が異なりとても勉強になった。商材によって最適な戦略は変わりますね。

> Minimalは店舗運営におけるKPI(重要業績評価指標)として、試食の回数と滞在時間を見ている。
とありますが、どのように計測・情報蓄積・共有しているのかとても気になります!リアル店舗は数字が取りづらいというデメリットがあるはずで、Minimalさんがどう工夫されているのか研究したいです。
どのブランドもとっても勉強になります
先人たちが作ってくれたノウハウを活用して世界に通用するブランドがたくさん生まれるといいですね