新着Pick
404Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファッションですので本来好きなものを着ればいいんですが、スーツにネクタイ抜きという中途半端なビジネスカジュアルなら、いっそのことカジュアルにした方がいいんじゃないか。世界的にビジネス現場のカジュアル化は不可避ですし。そんな風に思います。
よく「他人に不快感を与えない格好」と言われますが、この不快感自体が、こういう場はスーツで来るべきという「べき思考」の産物だったりします。ですので不潔などの生理的な不快感と、後天的に学習した不快感を分け、後者の場合は自分が抑圧されているため他人が許せないだけかもしれないと疑ってみることも必要かと思います。

PS
全然関係ないですが、小学校の頃、毎週花金データランド観てました。あの番組のランキングで見て村上春樹も村上龍も買った事を思い出しました。
対談二日目も、大室さんの話がとても面白く、あっという間に楽しめた時間でした。
一点だけ補足しますと「開放感」自体はとても良いことだと思うのですが、その前提にある「仕事で抑圧された感覚」が少しでもなくなって欲しい、ということです。

ちなみに、本文の中にある
「北野君はいつも同じ服だね」
というのは、大室さんに毎回のようにいじられることです。。笑

大室さん、佐藤さん、今日もありがとうございました!
北野唯我氏と大室正志氏が考える「平成で終わらせたいこと」2つ目は、お2人のセレクトのテイストが少し似ています。背景にあるのは、会社員の抑圧……。

大室さんが言う、日本人のハレとケ文化論。そして、なぜ会社員が金曜日コリドー街ではじけるのか、についての分析が面白い。

90年代後半までは、日本の大企業では、社員旅行が結構盛んで、そこに限っては無礼講。弾けまくったと当時銀行員の友人からよく聞きました。また、お固い会社に限って、はしゃぎすぎて、温泉地のホテルで出入り禁止になりがちだ、とも。それだけ抑圧の程度が大きかったのでしょうか。

北野さんの言う通り、ハレとケのバランスは自分で決めたい…に共感です。
なんだか無理にでも既存文化を否定したがっている様に見えますね。
別に花金があっても良いじゃないですか。嫌な仕事からの開放という意味ではなく、楽しい週末への入り口という意味で花金を楽しめば良いだけです。中途半端なビジネスカジュアルを終わらせたほうが良いというのも、そもそもファッションは常に変化していくものなのだから、中途半端もなにも無い筈。

強いて言えば、人と違う意見を言うのがかっこいい的な風潮を終わらせたいですね。
花金、中途半端ビジネスカジュアル、リクルートスーツ、ハロウィンのピカチュー…。いずれも、みんなと一緒じゃなと不安な心理の現れなのだと思います。
行動もファッションも同じくして、周りから突出しないことが美徳(重要?)だと思い込んでいるので、雰囲気とか空気を異常に気にするようになっています。

このような雰囲気や空気は小学校の教室でも観察されるものなので、長い時間をかけて習慣化されてしまっています。
我々世代は花金が減ってきている気がします。
働き方改革で金曜日以外も終わるのが早いため、
平日夜も飲んだりはできますし、
逆に何をしたらいいのかわからないや働きたくても働けないと言っている大手勤めの友人は多いです。
花金の典型的な場所としてコリドー街が出てきますが…、今は、一大ナンパストリート(リーマン・OLたちの)になっていて、驚きました。
以前は単なる飲み屋街だったんですけどねー。いつから、ナンパ場所になったんでしょうか。w
ナンパも、「はしゃぐ」の延長なんでしょうねー。特にナンパ待ちOLが狙うのは木曜日と金曜日らしいです。確かに月曜からそんなことしてられないですよね…。

どうでもいいですが、コリドー街の上には、首都高速道路が走っています。もともと、コリドーは、川でした。(なので、「土橋」という橋の地名も残る)
首都高をつくるとき、川の上なら用地買収がなくて手っ取り早いということだったんでしょう。その高速道路下に(オフィスや住居は無理なので)飲食店街が連なっています。
もともとが川だから番地がなくて、住所から地図に緯度経度がプロットされません…。某飲食店サイトを立ち上げたとき、コリドー街を何往復もしながら、手作業で飲食店を地図にプロットしたのが思い出されます…。
面白いよもやま話ですが、一番ツボだったのは原稿の「要確認」が残っているあたりでした。

大室 増えると思います。今、実際、三菱地所が(要確認)、「スニーカー・デー」を作ろうという話もあるくらいです。
リクルートスーツね~

私が就職した1978年にはそんな言葉はなかった。皆、着慣れない(というか初めて買った)シックなスーツを着ていただけ。その後1980年くらいにアパレルサイドの戦略的にそんな言葉が発信された。それが徐々に紺一色になり、更にこの15年くらいは黒一色だ。社会慣れしていない黒スーツの集団がたむろす季節は実に気持ちが悪い。没個性のロボットみたいw。

今時、そんなスーツじゃないと試験に落とすなんていう企業はないでしょ。受験サイドはそう頭によぎってもリスクを恐れて変えられない。それなら、企業サイドの試験官や面接官など対応する人をカジュアルにすればよい。そうすれば変わりますよ。企業イメージも間違いなく上がる。

受験者は公式の場であるというTPOさえわきまえれば(ダメージジーンズにTシャツなど)、地味スーツにネクタイである必要はない。センスの良い個性を出せばよい。VUCAの時代、「言われたことをちゃんとできる」だけの「いい子」の価値は相対的にどんどん下がっているのです。「何かを創造してくれそうな人材」を求めているのですから。

リクルートスーツなんて言う言葉自体過去の遺物です。
私も橋場さんと同じで花金があってもいいと思いますよ。

もっとも、私の場合、プロジェクトが終わったときに”ご褒美”として美味しいものを食べに行く感じなので、金曜日に限らないです。というか、そもそもはしゃぎません。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。