新着Pick
171Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごい、どの地方でも起きている交通インフラ問題について非常に的確な視点が語られている。
地方交通や観光などに関わる方はぜひ一読。

・赤字自体を問題視すること自体がナンセンス、公共インフラのコストとして自治体が支えるべき、ただし路線バスの維持自体が目的化されてしまうと問題だ

・住民の足は福祉政策として「目的輸送」で対応すべき

・公共交通は「内外交流」のインフラ

・停留所が30-40年間、同じ場所にあることを不思議に思った

・新たに利用者を創り出す「創客」が大事だと考えている

・交通まちづくりは路線バスの需要創出になるし、街の活性化にもつながる。ただ、バス会社単独ではできない。自治体との連携が必要だ。特に多様な利害関係者が関わるため、首長の強いリーダーシップが欠かせない。
西武バスさんがこれまで運行されてきた路線バスを、引き継がれたのがイーグルバスさんです。

これまではモータリゼーションによるクルマへのシフトが進んでの利用客の減少であり、今後はコミュニティの高齢化と人口減により利用客の減少が、より加速することが明らかな状況といえます。

そのような中での「創客」の取組みは「お客様は利用客であり、あくまでも補助金を出す行政ではない」という強い信念の表れとても見て取れます。
廃止されると大騒ぎしているバス路線みたら、実際には毎日数人しかいなかったみたいな話もあるので、やはりデータに基づいてしっかりと時代に合わせて組み替えていくことができるかどうかが問われているのでしょうね。あとは交通問題は交通分野だけで解決できることが限定的なのも、他の分野同様に横断的な打ち手が求められる時代ですね。
これ素晴らしい記事だ。「住民の足は福祉政策として(一定の曜日や時間を決めて運行する)「目的輸送」で対応すべきだ。路線バスという公共交通の役割ではない。公共交通は「内外交流」のインフラ。路線バスが365日朝晩運行するのは、外の人が地域にいつでも来られる体制を整え、街を活性化するためにある。目的輸送と公共交通を混同して議論していては、解決策は見えてこない。」

「停留所が30-40年間、同じ場所にあることを不思議に思った。それまでの運行会社に理由を聞くと「昔のことだからわからない」と返答があった。意味がある停留所なのかがわからない状況だと知って、データを取ってその意味を探る必要があると考えた。そこでセンサーなどを活用し、利用の少ない停留所やバスの到着の遅れなどを見つけ出し、運行ダイヤの最適化などにつなげた。」

「我々はバスを用いた「交通まちづくり」を推進し、観光客が路線バスを利用する環境を整えた。通勤通学による乗客が少ない平日日中や土日といった時間帯の空白を埋めた。


「(町の中央にハブの停留所を新設し、すべての路線バスがここで乗り換える)「ハブ&スポーク方式」を取り入れた。その上で埼玉県東秩父村(の交通再編)では、ハブ停留所に買い物や観光の施設を集約し、人が集まるようにした。交通まちづくりは路線バスの需要創出になるし、街の活性化にもつながる。ただ、バス会社単独ではできない。自治体との連携が必要だ。特に多様な利害関係者が関わるため、首長の強いリーダーシップが欠かせない。」