新着Pick
1830Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
令和の時代は間違いなく、「個」の時代になります。孤立した個ではなく、縦横無尽につながっていく「個」。自分という素材を活かすためにも、森岡さんが指摘するように、セルフ・アウェアネスが不可欠です。自己に目覚めるには、一度は外に出ること、孤独になることが大切だと思います。
中国に来ると、伝統的な日本の大企業に所属していることが、如何に恵まれていたのか実感しました。年々上がっていく給料、飽きがこないようなジョブローテーション。取引先も、長い付き合いや三方よし、お互い様の精神を共有しているから、激しすぎる要求をしてこない。

森岡さんのいうSelf-Awarnessがなくても、なんとなく全部が手に入る環境は、否定されるものではなく、先人たちが築いてくれたある種の桃源郷です。

これからの時代、その桃源郷は続かなくなるから、自分で対策せよ、ということですね。
「何がしたいか分からない」という人が多いと、以前から感じていました。
「何がしたいか明確な私のことが羨ましい」と友達に言われたことがあります。
一方、私は、頭がよくて簡単に何でも習得できるその友達のことをとても羨ましく感じていました。
友達はやりたいことがないから、その能力を発揮する場を見つけられず、持て余している感じでした。
私からすると、日本にはそういうもったいない人が多いような気がします。
能力が高く、なんでもすぐにこなせてしまうのに、やりたいことがないから自分の能力を持て余している。
日本社会にとって非常に大きな損失ではないかと思います。
親方日の丸による国家産業振興→終身雇用→新卒一括採用→学歴社会。この流れで成功した時代が長く、結果自分で人生の舵取りを忘れた世代が長かったということもだと思います。

明治の日本人はそうではなかったと思うので、国民性と言うよりは環境の問題。

間違いなく今の10-20代はそう思ってないと思うので、これからの10-20年で大きく変わると思います。
結果がついてくるまでに一定時間はかかると思いますが、令和は日本が良い方に変わった時代と認識されるといいですね。
自分が価値を出すべきところでは、なんぴとたりとも自分の前を走らせたらいけない。ここに質問が飛んだら自分が行かなきゃいけないという意識で会議にも出るべき、とのこと。
素晴らしい。その位の意識があれば、トップになれます。
なぜ、こういうことを平成の30年間ずっと言い続けてきたのに変わらないのか。出る杭を打つ、出すぎる杭を抜く、先駆けて走る人を素直に賞賛せずに排除する内向きの「和」の社会が停滞を生んでいる。
デザインの仕事をしていると痛感します。

「あれも見てみたい」「これもみてみたい」と提案ばかりが増えるのです。

8社競合コンペとかもそうですね。自分が何を欲しいかをわかっていないからそうなります。

逆に「こうしたい」「これが欲しい」がはっきりしている人は、すごく仕事が早いです。軸がぶれないから、発注がしっかりしていて、その分、完成度も上がります。

このシリーズ、次も楽しみです。
つい先日、高校2年になった愚息に森岡さんと同じ危機感「普通の人が大して稼げなくなる」を話しました。高校2年生に話すべきかどうか正直迷いました。
しかし、中国やインドで同じ年代の中に「自分で選ぶ」と云う覚悟を持って日々を送っている子供達が沢山のいる。そうい子の割合が彼の国々では高く、彼の国々の人口は日本よりも遥かに大きい。なかなか難しく、困難な時代だとは思います。
一方で、経済的な視点だけで人生の勝ち負けを論じたくはない。そうなると、どんな経済的状況にあろうと「精神的な意味で人生の敗残者にならない」と云うことが大切になる。そのためには森岡さんの云う「たとえ選んだ後に、結果が出なくても、「あのとき自分で選んだ」という感覚があれば、次のサイコロを振るときの覚悟と納得性にもつながっていくはずです」が大切だと思う。
『かつての日本のいいところは、普通の人が、普通に頑張れば、普通に豊かに暮らしていけたことです。』
これは日本だけでなく、世界の先進国の中産階級の「かつて」だと思っている。普通に頑張る道が見えず、格差が広がっているから、国全体がGDPなどで成長していても成長していなくても不安定になる。成長していれば格差がより目立ち感情面で不安定になり、成長していなければ国全体として相対的に悲観的になる(日本は後者)。
昔はそれを再分配で納められる部分もあったが、国同士の競争もあって、税率が高すぎれば国から出ていく構造にもなる。
令和というより21世紀において、そこにどう向かい合うかが世界課題。

あと普通か普通でないかは、相対的なもの。普通でないから希少価値があるし、「普通」とか「中間層」という言葉がずっとあるという点では、全員が同じようになれば成功するわけでもないと思っている。ただ、その比率が少しでも変わると、動きが出てくるとは思う。
コンセンサスドリブンの会議、情報読み合わせを目的としたら会議やミーティングを欠席し始めて一年経ちましたが何の支障もありませんでした。いまや会議とは自分の提案を売りにいくか、何か獲りにいくためにいく場
この連載について
新時代・令和の幕開け。景気の停滞、少子高齢化…様々な問題が浮き彫りとなった平成を経て、令和は価値観の変革が起き、社会が大きく変わるだろう。変化の時代を、どう生きるか。各界のトップランナーのインタビューから、そのヒントを探る。