新着Pick
264Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
考えとしておすすめしたいのが、「脳と身体の疲れをコントロールする」

この考えは単純に疲れさせるのではないです。

私の場合、仕事に集中して能がフル回転していると活性化したままで眠れない時もありまして、睡眠導入剤など使うときもあります。

肩凝りが酷すぎて眠れなかったので、整体とパーソナルトレーニングを組み合わせて週末に身体を整えたりしてますが、トレーニングした直後に眠くなって、夜は筋肉痛でなかなか眠れない日もあります。

脳の活性やと身体の筋肉痛なども含めて、疲れのコントロールをすること、バランスが大事だと思います。

ちなみにその他にやっていることは、
1、ASMRを聞きながら寝る
2、首元が暑くも寒くもならないように水枕などで調整
3、就寝前のストレッチ
4、寝室に行く前に本を読む
5、日中なるべく歩く
などチルタイムを設けることです。
Makuakeのデータ上を見ても睡眠向上製品はテクノロジー活用のプロダクトも、全くのアナログプロダクトも、今後もニーズの高さは続きそうです。
深く良い睡眠をとりたいというニーズとともに、横になってむしろスマホや本を楽な姿勢で見たいみたいなニーズもあったりと、ベット周りはまだまだ多角面で体験ニーズありそうです。
脳を休めて、リフレッシュできる眠りを得るためのビジネスが成長しています。

肝心なことは「眠りを正しく分析すること」です。

眠りは「質と量」があり、「量」を計測できるツールはたくさんありますが、「質」を正しく計測できるものは限られています。

Fitbitは、そのうちのひとつですが、それにより、正しい分析と対策検討ができるため、米国の企業を中心にB2Bでの採用が進んでいます。
どこでもいつでも短時間眠れる方、その極意、教えてください。(当方、新幹線や飛行機、車の中では眠れません。夜中眼が覚めると、2度寝ができません。良く怖い夢見て起きます 涙)
私はスリープテックベンチャーからアドバイス受けて起きる時間を朝6時に固定してます。