新着Pick

ピンタレスト、IPOで12.8億ドル調達目指す-評価額17年時下回る

Bloomberg.com
米写真共有サイトのピンタレストは、米国での新規株式公開(IPO)で最大12億8000万ドル(約1426億円)の調達を目指している。今回のIPOによる同社の評価額は、前回私募で資金調達を行った際の評価額を下回る可能性がある。
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オプションも含めた完全希薄化ベースだと、100億ドルから113億ドルの評価額らしい。仮に上限で売り出しが決まったとしても、直近評価額を超えるかどうかは微妙な水準かと思います。

直近私募での調達額は1.5億ドルで該当株主の持分も僅少だから、ダウンラウンドとなるリスクもあるIPOにも踏み切れるんでしょうね。
LYFTで幕を開けた2019年の米国IPO市場。今回はピンタレスト(PINS)の評価額が90億ドルで、2017年につけた評価額123億ドルを下回りそうだということです。
 2018年12月期をみると赤字(営業CFもマイナス)で、米国の利用者数が伸び悩む中、米国でのマネタイズの深堀と、海外利用者のマネタイズの欠如をプラスとみるかマイナスとみるか、評価が分かれるということでしょう。
 未上場企業のバリュエーションの難しさを再認識させられます。
 ちなみにLYFT株は今日も5.6%下落してIPOの$72を下回る$70.23になっています。