新着Pick
912Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
新著『ふたつの日本「移民国家」の建前と現実』についてインタビューいただきました。

今日4月1日に昨年スピード成立した改正入管法が施行され、「特定技能」による外国人労働者の受け入れ拡大が始まります。

重要なのは、この「特定技能」のみを見るのではなく、日本がこれまで取ってきた「移民政策」全体のコンテクストの中に位置付けて理解することです。

点だけでは見えてこないものが、線や面として見ることで初めてしっかりと把握できるようになります。

日本では「移民政策ではない」「いわゆる単純労働者は受け入れない」「技能実習の目的は国際貢献」といった数多くの「建前」が「現実」を見えづらくしています。

だからこそ必要なのはフェアな現状認識です。立場が異なる人の間でも現状認識は共有できるはずです。その土台を提供できたらと思い『ふたつの日本』を書きました。

政府がいつの間にか進めていたという状況に甘んじるのではなく、民主的な議論に基づいて、真正面からこの国の「移民政策」を作っていくべきだと考えています。

(追記)こちらも今日公開したのでぜひ合わせてお読みください。
→ファクトで押さえる「日本の移民問題」。在留外国人300万人時代をどう捉えるか https://newspicks.com/news/3787542
こ、これは素晴らしい記事ですね。
得てして、みんなが抱くイメージとファクトはずれるもの。
この日本における「移民」における話はイメージと実態はずれていて、その認識のズレを埋めてからでないと、建設的な議論はできないですね。
この事を、正面から伝えているこの記事は素晴らしいと思います。

私は、このズレに、山梨を舞台にした2011年公開の映画「サウダージ」(http://www.saudade-movie.com)を見るまで考えたこともなかったです。
DVDが出てないので、宇多丸さんのラジオで是非。
https://www.youtube.com/watch?v=J62_obB0VXQ
この本、是非読みたいと思っています。

日本にいつか来てもらえなくなる、という点は既に兆候が出ていると思います。もはや、アジアの(単純)労働力は安い、とは言い切れなくなっていますし、自国が経済成長の真っ只中にあります。また、労働移民した後の環境については口コミでながれるものです。

同様の課題について、韓国は経験しており、賃金も大幅に引き上げ、自国民の通常レベルと同じぐらい、場合によっては高いケースもあるといいます。

こちらが動画付きで分かりやすく報じています。
http://www.news24.jp/articles/2018/12/28/10412936.html

韓国も受け入れを広げた当初は様々な苦労があったようですが、日本以上に国内の動労市場がタイトな韓国、より切羽詰まった対応が必要だったと思われます。その結果、外国人労働者に対する様々な支援策などを実施することに。

本件は、日本と社会構造が比較的近い韓国の事例を深く学ぶことも重要と思われます。

一方で、シンガポールの家事労働者の事例にあるように、基本的に出産が許されないというタイトな制度を敷く国もあります。また、シンガポールは単に外国人労働力を言いように使うだけでなく、雇用者側の責任も重大です。

韓国型、シンガポール型、香港型など様々なやり方があります。全てを総取りにすることは難しく、どこかで決めをしなければいけません。どの国・地域も必ず経験しているのが、後々、外国人よりも自国民、というナショナリズム(というよりも排外主義)に基づいた動きです。ここは一歩間違うと大変なことになりかねません。

これまでにNewsPicksで書いた関連記事はこちらです。労働移民と難民は、相当意味合いが違い、一つ一つ丁寧に論じないといけませんが、日本における外国人受け入れ問題という視点から紹介します。

外国人家事労働者に出産を認めないシンガポール
https://newspicks.com/news/1594541/

【日本】難民問題がもはや他人事ではない理由
https://newspicks.com/news/2646347/

【オピニオン】日本人が知らない、難民への日本の貢献度
https://newspicks.com/news/2646355/
4月1日に改正入管法が施行されます。

日本の移民の実態は、もちろん最近のコンビニ店員さんなどで少しずつ可視化はされてきましたが、それまでの技能実習生など、我々からなかなか見えないところで起きています。

これまでは、政府の本音と建前に隠され、ほとんどの人が移民の存在について考えることはなかったかもしれません。ですが、今、「日本」について考える時には何よりも重要なテーマの一つです。そして、今こそ、その実態にもっと目を向けなければならないことを痛感しました。
ニッポン複雑紀行でもミャンマーコミュニティが特集されていた新宿区高田馬場に住んでいます。先日駅前でイベントをやってたので何の集まりか聞いたら、アウン=サン=スーチーさんの誕生日を祝う会でした。
最近は外国人向け飲食店やタピオカミルクティーの店も増えていて、街並みはどんどんとアジアっぽくなってきています。
その一方で、彼らの生活が語られることは少ない。ここら辺の記事も参考になります。
https://newspicks.com/news/3484331/
そのうち日本に来なくなるよ
よくよく考えればひどい話。言い換えると、日本は人手不足でヤバいから、外国人来てほしい、けど働くだけで移住はしないでね(現実皆定住化)。移民というタブーワードを使える強い政権は今後数年あるかどうかも分からないのに。汗
劇的な人口増加が無い限り、今のままで移民を受け入れず国民一人一人の生産性を上げたとしても、経済が縮小するのは既に証明されています。悪意ある斡旋業者も問題で、私も大学卒でメディアを学びに来たモンゴル人から弁当のパッキングの仕事しかさせてもらえない、と相談を受けたこともあります。望月さんが仰るとおり日本のブランドがまだある中、しっかりとしたサポートとと規制緩和が施行されるべきだと考えます。
安倍首相功罪の一つですね。保守の権化が票田になっているので絶対に認められないでしょう。ただ、数字は間違いなく認識して実を取っていると思います。この本音と建前政策によって犠牲になっているのが社会保障や待遇改善。移民はいないのだから移民向けの予算もない
"いわゆる移民政策をとる考えはない。深刻な人手不足に対応するため、即戦力になる外国人材を期限付きで受け入れるものだ"
体感的には分かっていると思っていて、実はよく理解していない分野を、数字も含め分かりやすく説明されていて、よく分かりました。

建前と事実。そして状況を更に悪化させる悪質なブローカーなど。これでは優秀な外国人心材は日本を目指すわけはない。国がやるべきこと、できることはまだまだたくさんある事は明確です。

我々日本人自身ももっともっと外国人労働者に寛容になるべきですし、彼らのために何ができるかを自分事として考えなければいけませんね。
今日から改正出入国管理法が施行されますが、外国人労働者の受け入れ体制を考えさせられるレポートです。そして日本の労働環境を。

働き方改革が叫ばれる昨今、外国人労働者の労働条件も同レベルで議論すべきだと思う。それが日本流。

安い労働力を期待する時代は終わった。