• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

政府に必要な“利用者目線”とは?法人情報のオープンデータ化に向け、乗り越えるべき壁を探る

65
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • Uzabase NewsPicks Premium 法人チーム

    経産省の議論でもグラレコ使うんですね!わかりやすい。
    UBグループとしては、「上司から取引先企業のリサーチを頼まれたらどこで情報を探すだろうか」にはSPEEDAと答えたいところですが、オープンデータはどこの企業にも重要ですね。


  • badge
    GLOBIS、個人事業主 『投資としての読書』著者

    帝国データバンク、SPEEDA、東京商工リサーチ、無料版ならNOKIZALなどもある中、
    なぜ「政府」が法人情報のオープンデータ化に介入するのでしょうか?

    「利用者目線」においては、民間企業には勝てないと思います。


  • 東京理科大学イノベーション研究センターフェロー / SECOM オープンイノベーション推進担当 代表・リーダー

    利用者目線、省庁の壁を越える、まずはこれですよね。企業に連携を促すその先に、役所としてのあるべき姿の打ち出しに期待しています。

    ところで、最近は役所でもグラレコやワークショップ入れる議論が増えていますけど、この写真はなんだか予定調和だった感・役所のグラレコ感を感じますね。描き途中なのかな。


    “サービスの利用者や提供者といった立場や、省庁ごとの役割を超え、“全体最適”な改善を目指す姿勢は、企業情報のオープンデータ化、ひいてはDXにおいても不可欠だ”


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか