新着Pick
300Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のシアトル!いいですね。緑も海もあって産学官の垣根が低い。シリコンバレーより色々な産業があるところも魅力的です。

以前福岡で開催されたスタートアップイベントで講演をしたことがあるのですが多くのスタートアップファウンダーが海外留学生だったので驚きました。イベント自体も全て英語で行われておりピッチも英語で、インクルーシブな場所でした。アジアのリーダー、期待が高まります。
ベンチャービジネス最大の社会貢献はビジネスモデルではなく、雇用の創出にあると思っています。全自治体がもっと力を入れるべきです。魅力的なビジネスが生まれれば人が集まってきます。地方から都会に人口が流出する2大要素は進学、就職です。学びたい学校がないから都会に出る。働きたい会社がないから都会に行くのです。ビジネスを作る方が簡単といえば語弊がありますが、学校を作る方が明らかに難易度が高い。
"創業3年以内の企業は全事業所数のわずか8.5パーセントに過ぎませんが、新規雇用の37.6パーセントを生み出している。開業率が増えることは、街の活性化につながります"
社会に新しい価値を生み出すのがベンチャー企業。
スタートアップした企業が「ベンチャー」と呼ばれるのか、「普通の企業」になるのかは、この一点において変わるように思います。
高い理想を掲げ、自治体として特異なポジションをとる福岡そのものがベンチャー企業のようです。

「スタートアップ支援の真の目的は、リスクをとってチャレンジする人が尊敬される社会をつくることです」
「『明日はもっとよくなる』空気をつくる一端を担っているのが、リスクを取り、これまでにない新しい価値を生み出し、社会を動かそうとするスタートアップなんです」
「スタートアップ」というとIT系の起業?しかし情報通信産業は一般に雇用吸収力が低いとされているが、直感的には「開業」というと飲食、小売、サービスのようにも思える。業種別内訳等が気になるところ。
素晴らしい洞察。技術潮流や社会トレンドの次元を超えて通底しているものを見定めることこそ、これからの時代の政治家、特に地方自治体の首長に求められる資質かと思います。

---
街を時間軸で俯瞰して見たときに、そこに流れているテーマは本質的に変わりません。2000年ものあいだこの街に脈々と流れてきたものを、私が市長を務める10年程度でねじ曲げようとしても、それは無理なんです。
そこには必ず、慣性の法則が働きますからね。
街が持つ大きな流れに身を委ね、「交流」に力を入れることで、福岡はもう一度アジアのリーダーになれる。私はそう確信しています
「スタートアップ支援の真の目的は、リスクをとってチャレンジする人が尊敬される社会をつくることです。」(記事引用)

これは日本文化の大きなイノベーションを意味する。なので、高島宗一郎さんが本記事で「チャレンジ」(必要条件)と同じぐらい強調している「交流」が十分条件となるのだと思う。人々がチャレンジを称揚し、お互いを支え合い、交流の場(さーどぷれいす)を物理的・仮想的に豊かに持てる環境は、自然でイノベーティブになる。出島のようなプラットフォームをどうデザインできるかが行政も問われる時代。
「元気のある街」「明日は今日よりよくなる」「明日はもっとよくなる」といったスローガンの数々。
ワクワクする!素晴らしいですね!!

それでいて、奇をてらうわけではなく「日本のシアトルになる!」というシンプル、かつ、明快な未来像。

まさに卓越したリーダーですね!!!
目指す方向性が非常にシンプルでわかりやすいですね。また目的と手段もはっきりしていますし。→「創業3年以内の企業は全事業所数のわずか8.5パーセントに過ぎませんが、新規雇用の37.6パーセントを生み出している。」
歴史が好きだ。こういうことだから。→街を時間軸で俯瞰して見たときに、そこに流れているテーマは本質的に変わりません。2000年ものあいだこの街に脈々と流れてきたものを、私が市長を務める10年程度でねじ曲げようとしても、それは無理なんです。そこには必ず、慣性の法則が働きますからね。
「明日は今日よりよくなるという実感」を持てることは、非常に大切なこと。
都市に限らず、コミュニティ全般に言えることで、そういったコミュニティには、ヒト・モノ・カネは自然と集まってくものだと思います。

その空気感を誰が作るのか、作れるのが誰なのかが、極めて重要ですね。
地方都市でもそれができるということを、福岡市の高島市長が実践され、その成果が確実に出ている。
高島市長、スゴい!!
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。