新着Pick
1160Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやー、面白かったです。CEOの下に、CPOを置くというのは今後の大きな流れの一つになるのでしょうか?
確かにフェイスブック・インスタのように、Cto Cでソフトウェアの大型の先行設備投資がいらない場合、ファイナンスに詳しい人間より「プロダクトに詳しい人」の方が優先度が高く、CEOの次に置く。というのは理にかなっている気もします。

わかりやすいし、示唆の多い、岡ゆづは記者の記事。
とてもとても勉強になりました。
インスタの創業者、ワッツアップの創業者が去ったのに続いて、木曜夜に発表されたのはザックの腹心であるコックス氏の退任。折しも、ザックに近しいインスタの新トップが来日しているとあって、これからのフェイスブックについて直接疑問を投げかけてきました。
昨年〜今年にかけての組織再編からは、ザックの意図と経営幹部との食い違いが透けてみえます。図解で見やすくお送りします。
相次ぐ幹部辞任に体制変更。なかなか追いついけないフェイスブックの経営体制と、ザックが打ち出した「新しい方向性」について図解で整理しています。サクサクとニュースにキャッチアップできるはずです。
SNSの利用が続くと、親密さの濃い現時点における友人の中に親密度合いの薄い「友人」が混ざり、ソーシャルグラフが飽和していくということは、SNS運営者であれば誰もが理解していることですし、今は亡きGoogle+が解こうとしていた課題でもあります。この点、Facebookは親密性の低い「友人」のポストが目に触れる機会を減らすことで、巧みにこうした課題をかわし続けてきましたが、いい加減、限界が来たということでしょうね。
2点目の「消える刹那的なもの」という方向性と併せて、既存SNSの課題解消に成功したのがSnapchatなのでしょう。

こうした2点についてはSNS進化の既定路線(むしろ今までよく保った)であり、驚きはありませんが、3点目の「相互利用の強化」については、サービスごとの特色を無効化するという点で、むしろマイナスに働くのではないかと考えます。

企業としたはサービス間で「シナジー」を効かすことが、合理的な判断に思えます。ですが、異なるサービスの統合、新しいサービスを廃れつつあるサービスに寄せることになり、既存サービスの負のレガシーも引きづることになりかねません。
卑近な例で言えば、家族や会社の同僚、今となってはどうでもいいかつての同級生といった「友人」を振り切って、せっかく新しいサービスに移っても、Facebookのサービスである以上、カルマのようにそうした人間関係が追いかけて来るということですからね。

社内でも十分に検討された結果ではあるのでしょうが、どうにも焦りを感じる意思決定に思えてなりませんし、長い目で見ると裏目に出るのではないかと感じる次第です。
フェイスブックで何が起きているのか? 「プライバシーへの配慮」に対する米国での意識の高まりは、CES2019でも強く感じることができました。CESでは、2010年からの 10年を「つながる時代」と表現し、フェイスブックを代表とするSNSは人と人がつながることに大きく貢献したと指摘しました。そして 2020年からの 10年を「データの時代」と表現し、これからはありとあらゆるものからデー タが取得されるようになると予測したのです。データの重要性については、ここで改めて強調 することは不要だと思いますが、CES2019で際立っていたのは、セッションの参加者の多くがデータ取得に関して「プライバシーへの配慮」を指摘していたことです。これ前年まではなかったことです。プライバシーに関しては、欧州で進展している「一般データ保護規則 (GDPR)」よりも、個人情報の不正流用問題が起きたフェイスブックの事例を挙げる向きが 多く、米国テクノロジー業界全体にフェイスブック問題が大きな影響を与えていると実感しました。

「ハッカーカルチャー」による「クリエイティブな問題解決と素早い意志決定に報いる環境では対応できていない厳しい状況。度重なる問題を抜本的に解決し、顧客や社会からの信頼を回復していくためには、企業DNAの刷新までもが必要なのかもしれません。

このようなことがフェイスブックでのプライバシー重視への大きな方針転換に存在しています。
わかりやすい!プライベート化も納得感のある
GoogleやFBといったプラットフォームは、今後ますます、従来メディアが担っていたジャーナリズムの担保を求められる。
しかも、それは今までの「何を伝えるべきか」という要素だけではなく「どの範囲にどの程度の期間」伝えるのか、まで拡大した概念になるはずだ。

というわけでプライベート化は(意図されてはいないかもだけど)その一つの表れだろうと思う。

個人的には私は街の広場としてのFBを活用していたけれど、ザッカーバーグはヴィジョナリー。プライベートな空間がどうなるのかもとても興味あるなぁ!
整理されててわかりやすい。元々が「リビングでのコミュニケーション」ツールだったSNSがいつのまにかパブリックなものに。それが窮屈な若者は違うSNSへというのが今までのSNSの典型的な流れだけど果たして一度パブリックなものになったSNSをプライベートなものに変えることが出来るのか。こらは機能としてだけでなく、利用者のマインドも変えなきゃいけないから結構大変だと思う。
退任が全てプロダクトの方向性だけによるものだとは思わないが、Facebookがプロダクトとしてどう方向を変えようとしているのかが分かりやすい。
Facebookは、SNSのなかで先行したわけではなく、MySpaceなどが先にあった。一方でそのあと一気に抜かしてSNSのトップに躍り出た。そのあと、プライベートなコミュニケーションではWhatsApp、刹那的に消えるものはSnapなどが出てきたが、それらもメッセンジャーやストーリーズといった機能の追加、また買収によって「防衛」してきた。
個人的には、これは90年代のMSを思わせる動き。圧倒的なシェアがあるから自社でデファクトを握りやすい(もちろん簡単なことではないから、多くの一時はトップだった企業が衰退する)。ただ、MSの歴史を振り返れば、今でもWindowsは使われているが、売上という点ではWindowsからOfficeやAzureなどにシフトしている。価値が変わる中ではプロダクトだけでなくマネタイズのポイントを変えていくことも求められる。複数のモノを同時並行で変えないといけず、社内でも既存と今後のなかでの方向性や部署間の感情面含めた複雑な状況がありそう。

なお、よい日本語記事が見当たらなかったのだが、先日のSXSWで、Facebook退任後に初めてInsta創業者のシストロム氏及びクリーガー氏が表で講演した(下記)。売却したことは後悔していない、メッセージアプリを統合していくことには賛成など、質問にも色々答えている。
https://newspicks.com/news/3739062
Facebookの組織図の変遷が分かりやすい。よりザッカーバーグ自身が全てのプロダクトをトップダウンでコントロールする意思が鮮明に。組織図は会社の意思(戦略)を最も雄弁に語りますね。
「知り合いにプレスリリース的な報告をする「パブリックなプラットフォーム」から、個人間のメッセージやすぐ消える(ephermeral)投稿などに注力する「プライベートなコミュニケーションプラットフォーム」を目指す」

自分のフェイスブックの使い方もメッセンジャー中心。
連絡先の交換が、フェイスブックではなく、インスタやtwitterアカウントの交換であることも増えました。

世界的な規模になっても、こうして方向性の転換を行なっていかないと生き残れない世界。
Change or Die.
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績