新着Pick
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大気中に丸い粒子が多く存在すると、その粒子の後ろに光が回り込むときに(回折)、長い波長(赤い光)のほうが短い波長(青い光)よりも内側に回り込むことができるため虹のような模様を作ります。小さな水滴を含む雲によって起きることが多いのですが、杉の花粉がちょうど丸い形ということもあり、杉花粉による光環が発生することが近年よく観察されています。
普段よく見られる虹は、水滴の中を光が屈折する時に発生する現象ですし、また太陽に暈(ハロ)がかかるのも氷の粒子による屈折の効果ですので、光環とは違った現象です。あえていえば、ブロッケン現象が見られる時に、自分の影がまとっているようにみえる虹の模様が光の回折による同じ現象です。

なお、PM2.5など大気汚染物質は杉の花粉よりもはるかに粒径が小さく、大きさも不揃いであることからこのような光環とはならず、なるとすれば太陽の輪郭がはっきりしなくなり、ぼわっと大きくなったようにみえる程度です。同じ理由で大気汚染物質が多いときに花粉が多く飛んでいても、綺麗な光環とはなりません。晴れて風が強く、花粉が多く飛んでかつ汚染物質が少ない時によくみることができます。

太陽を直接見ようとするのはとても危険ですので、何か遮るものを用意してご覧になってください。なお、月の光でも花粉光環は見られますので、夜の月でも似たような虹模様は見ることができます。
美しい...美しいですが花粉以外のもので散乱して欲しいところ。
普段は植物愛溢れるわたくしですが、この時期だけはチェーンソー振り回して杉という杉を斬り倒して回りたい衝動に駆られます。

これを装備したい。
http://www.sts-japan.com/products/bojin/detail/dr165n3.html
凄く綺麗ですね。でも花粉が大量飛散している証拠だそう。

雨が上がって今日は東京都心は暖かくなったようです。
【春爛漫の陽気 東京は今年最高気温、静岡や熊谷は20℃超え】
http://bit.ly/2NjWz5G

そして花粉。
今年の花粉の飛散については「2018年の夏の気象条件と秋のスギ雄花調査の結果から、一部の地域を除いて例年並みかやや多くなると予想」されているとのこと。
https://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/hisan/

今年は早めに薬飲み始めましたが、どうかなぁ。
花粉の飛散、全身で実感 涙。
「花粉光環」って、広辞苑に載りそうですね。
ここから一気にピークを迎えるであろう花粉前線。。
気をつけようが無い問題とも言えるが、、とにかく気を付けたい。
株式会社ウェザーニューズ(英語: WEATHERNEWS INC.)は、日本の気象情報会社。 ウィキペディア
時価総額
985 億円

業績

新着記事一覧
ドジャースの打線が爆発!テイラー3発&ポロック2発でブレーブスに大勝。MLBアナリストも驚き「ポストシーズン史上初めて合計5本塁打放ったペアに」【海外の反応】
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

鷹・甲斐&中村晃の“妙技”に驚嘆の声 三森の好守アシストに「エグくね?」「うますぎ」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

【MLB 優勝決定S】崖っぷちドジャースが5発11得点大勝 対戦成績2勝3敗、テイラーは3発6打点
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

【結果速報】MLBポストシーズン2021 試合結果・スコア一覧|メジャーリーグ ワールドシリーズ
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

大宮のDF河本裕之が今季限りでの引退を表明。残り8試合「J2残留のために持てる力を出し切って精一杯プレー」
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

【MLB 優勝決定S】崖っぷちドジャース、テイラーが驚異の1試合3本塁打 PO3発6打点は史上3人目
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

パ・リーグ優勝争い。オリックスとロッテの優勝条件は? 残り試合と勝敗パターンで分析
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

セ・リーグ優勝争い、ヤクルトと阪神の優勝条件は? 残り試合と勝敗パターンで分析
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

夏の屈辱から意識改革 名門・東福岡、選手たちがチーム再建を議論!理想封印で守備力向上、覇権奪回へ意欲
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

大谷翔平、今季46発をMLB公式が“格付け” 1位は「歴史的シーズンを予兆させた」一撃
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks