新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
といことは、インフレが生まれにくい日本は財政悪化していないということになりますね。
この問題に関しては、FRB自身も、少なくとも結果的には事態を悪化させることにむしろ貢献しています。なぜなら、巨額の量的緩和で国債の円滑な消化をサポートしたことは否めないからです。


しかも、今や量的緩和は終了し、保有資産の削減を進めているといっても、最終的な着地点はかねて想像されていたよりもかなり大きく、今後も景気が後退すれば再び量的緩和に向かうことも明らかです。

政治にとっては、国債のこうした安定的かつ大規模な買い手が出現した以上、財政規律を効かせることは益々難しくなります。
えっ🤯🤯🤯

永濱さん、それブラックジョークですか…

といことは、インフレが生まれにくい日本は財政悪化していないということになりますね。
日本では村山内閣の1995年に当時の武村蔵相が財政危機宣言をしてから今年で早24年。この間、一度としてインフレが問題になることはありませんでした。現実はデフレの長期化。

ということは、日本は財政悪化にもかかわらずインフレが起きないグリーンスパン発言の例外なのか、それともそもそもインフレが問題となるほどの財政悪化などしていないかのどちらかということになります。

さてどちらでしょうか。
財政悪化はインフレの十分条件ということですか。