新着Pick
341Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタバの利用客は価格に敏感ではない層なので、今回の値上げに影響はないと思いますね。

今回の値上げの背景には、コーヒー1杯、もしくはおかわりで長時間利用する「PC作業系」の客層が多く、回転率が悪いことが考えられますね。
そう言えば先日初台で「Neighborhood and Coffee」という形態のスタバに入りましたが、コーヒーやスイーツが少しプレミアムな感じで、若干通常店舗より割高。

この店舗形態は、下北や二子玉川、池尻大橋、自由が丘などにもあるようですが。

スタバにはそういうの求めていないので、多分もう二度といかないと思います。
購買頻度が高い業態の場合、その頻度が下がるだけで既存店売上が下がるので、10円20円でも大きな決断になります。調整はしてくると思いますが、定番の中でも特に心理的予算帯が変わらない値上げなら良いなと思います。
顧客よりまずは従業員との関係を優先し、それがより良いサービスを生み出すことで、顧客をより満足させ、利益を産むと言うサイクルを実現出来ている数少ない企業。
古巣のフェデックスでも同様に「People Service Profit」というポリシーがあり、これで永続的な利益成長が実現出来ていました。
「パートナー(従業員)と将来へのさらなる投資を可能にし、より多くのお客様にご支持いただけるスターバックス体験を提供する」
ドリップコーヒーは内外価格差がでかくて、アメリカでは1.5ドルほどで飲めます。ラテとかは日本と同じくらいで3.5ドルくらいする。

これすごい不思議で本国アメリカはたぶんダイナーの薄くてまずくて安いコーヒーの流れでドリップは安いけど、日本は街の喫茶店の流れで高いのかなーと。

でも日本は二杯目50円キャンペーンがあるから、二杯飲むと同程度。価格設定って面白い。
日本では、ほぼスタバを使わない私には、全くもって関係ないです…
海外ではよく使いますが、日本はカップが小さくないですか?
→私の気のせいでしょうか?

だから、なんかケチっぽい感じます。
あと、日本には私の大好物のレモンケーキがないのが決定打となり、使わないです。
個人的にはオフィスのある大崎ゲートシティのスタバは土日人がそこまで多くなく、建物内の空間に余白があって好きです。今がちょうど良いからそこまで増えないで欲しいけど苦笑
【経営】コーヒー豆調達や従業員の労務費に起因して値上げということであれば理解できなくはないのだけど、待ち合わせのための時間調整以外でスタバを利用することはなくなったかな。美味しいコーヒーを飲みたいのであれば、サードウェーブ系の店に入るか自分で豆を買ってきて淹れる。
地方のスタバはゆったりしてて良いんですが、都心のスタバは硬い椅子が多くてしかも狭いので、最近あまり行ってません。

業績

スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。 ウィキペディア
時価総額
13.2 兆円

業績