新着Pick
113Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AIが話していると全く気づかれないできないレベルを「合格」とする、「チューリングテスト」も満たせるレベルならば、実業への応用も期待大ですね。金融機関なども、デジタル応答は課題ですが、インドなどでは実用化されています。
まして人手不足の問題が深刻になり始めた日本、ぜひ早急に開発を進めて欲しいものです…
目新しいから面白いならいいですが、これで楽しめるようになったら、大量生産が簡単になるんで、世の中ほんとに活動する人がほとんど必要なくなりますね。

人間って何を求めてるんでしょうか?
ニュース読みと、司会は全く能力が違うので注目ですね!
ちなみに、日本でもAIキャラがニュースに登場したりしていますが、「AI」と一言で言っても、その能力、魅力は千差万別。必ずしも、お〜!!というものでもなく、お…お〜??というものも。今後どんどん進化していくでしょう。

番組を作る上でも、これ人力でなくてもという作業や、むしろミクロなリサーチや見解より、AIにデータを客観的に分析してもらった方がいいものもあるので、個人的に期待!
(どちらかというと、そのAI開発の予算より、人力になっている側面も)
「AIアナウンサー」に原稿を正確に読ませようとすると、現状では間違ってしまうケースがまだまだ多いです。「人気のない」は「にんき」がないのか「ひとけ」がないのか、「心中」が「しんちゅう」なのか「しんじゅう」なのかで大きく意味が変わってしまうので、人のチェックが欠かせません。(ゆくゆくはAIによる文脈での読み取りの精度も上がっていくでしょうが)

「AI司会者」なら「人の事前チェック」をあまり受けずに伸びやかにやれるかもしれません。どんな成長をするのか楽しみです。
司会者にできるほど中国語の自然言語処理が発達していることに驚きです。
ソフトバンクさんが出資元に入っているとのこと、流石というしかない。

さておき、もう春節の季節か。
日本でも年末年始以外の爆買いタイミングがあるといいですよね。
どのくらい似てるの興味深い!バーチャルとリアルの境目がなくなってきた! >ObENはニューラルネット技術を用いてデータのインプットを行い、その人物の声や話し方、動きや行動などのパーソナリティを忠実に再現するという。
NHK「ヨミ子さん」、日テレ「AOI ERICA」、テレ朝の黒柳徹子アンドロイド、ソニーの「荒木ゆい」。AIアナウンサーは日本でも増えてきた。司会者は能力が全く違う。どこまでやってくれるのか、見てみたい。
スクリプトを読むのではなく、人間と「会話」をするのであれば、見てみたいです。「反応をする」「会話する」と書いてありましたが、どの程度までなのでしょう。
すごい。すごいけれども、でも生身の人間との差異が分からないくらいの存在になってしまったら、視聴者としてはエンターテイメントとしてあまり面白くない。だったら逆に人間の方が面白いっていう感じになってしまいそう。作ってる側からしたらキャスティングフィーが下がるのかもしれないけど。あと故人がAI司会者として復活するとかだったら面白いかも。面白いというと変かもしれないが。
中国でAIのキャスターがニュースを読む姿には大変驚きましたが、今度は司会者とのこと。どんどん生活に入り込んできますね。すごい!
【中国メディアでAIアナウンサーがデビュー。人間そっくりすぎる(動画)】https://newspicks.com/news/3446294