新着Pick
2039Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実際の人間は、論理では動いていないことが大半で、不合理な選択・行動をしているからこそ、ストーリー構築により不合理な選択・行動を誘導する手法が必要なのではないかと思います。
https://creive.me/archives/9795/

>商品やサービスの世界観について10行の「物語」を文章化する
事業は、0→1、1→10、10→100とフェーズがある。
フェーズによって求められる能力が異なる。

デザイン経営が重要だと叫ばれてますが、デザイナーをチームに突っ込めば成功するわけではない。

0→1、1→10は経営への深い理解とコミットがあるデザイナーでないと上手くプロジェクトが進まないなと現場でも感じています。

イノベーションには、右脳⇆左脳、直感⇆論理を往復しながらアウトプットにこだわれるリーダーの存在が一番重要だと考えています。
このリーダーは、デザイナーと言われる時もあればマーケターと言われることもある。

大切なのは肩書にとらわれないこと。

こちらのグッドパッチ 土屋さんの記事にもありますが、求められるのは「越境」できる人材。

【土屋尚史】デザインとビジネスの越境人材がさらに増える
https://newspicks.com/news/3559542
なぜ経営に「デザイン」が必要なのか、良いデザインファームはどのように見極めたらよいのか、経営とデザインの発想を個人の中で両立させるにはどうすればいいのか。濱口氏に語っていただきました。
すいません、コメントというより疑問。

経営者とデザイナーの違いの図ですが、デザイナーの項で「斬新なアイデアは生まれにくい」とありますが、「斬新なアイデアが生まれやすい」ではないでしょうか。

それはさておき、経営という実態のないものを考える際、頭の中にあるモヤモヤをビジュアル化することで、クリアにできる効果はありますね。

ボクは図形思考が大好きです。直感人間。
デザインファームの歴史を明らかにした貴重な記事。経営にとってデザイン思考的なものを取り入れることが、いかに簡単ではないかが分かります。
この記述からも、彼が一番フィーの高いコンサルタントである理由がよくわかります。まず普通はこんなこと、日本のサラリーマンはやらないですよね。

「そこで私は、億単位の予算を使って、小規模から大手まで、様々なデザイン会社に同じテーマを投げてみることにしました。
当時はまだ、大企業によるデザインファームへの発注がメジャーでなかった時代で、彼らの実力を理解するには、この方法以外にないと考えたからです。

これだけ投げたのだから、どれか1つくらいから革新的なアウトプットが期待できると予想していました。しかし、結果は全部アウト。綺麗な資料が並んでいても、内容は全て私がすでに考えたことのあるものばかりでした。」

そしてどこの企業もイノベーションが必要と言いながら、破壊は歓迎しない。日本企業にイノべーションが乏しい理由も下記に説明されています。

「イノベーションを起こすには、「先入観を壊す」必要があります。自らの思考回路を解析し、それをあえて壊すからこそ、今までにないアイディアを生み出すことができるのです。」
過去の分析は非常に面白いと思って読ませていただきました。

しかし、本当に経営者とデザイナーの思考は全然違うのでしょうか?身につかないのでしょうか?

昨日ちょうど建築家の隈研吾さんの記事を読んでいましたが、考えることは直感的に経営に非常に似ているなと思いました。

おそらくは似ていないのは「すでに大きくなった事業/企業の経営」であり、非常に似ているのは「新規事業やベンチャーの経営」なのだろうと思います。
そして彼らはまさにイノベーションを担っています。

実際のところは、過去ではアメリカ含めて大企業では内部昇進が多く、起業経験があるそういう経営経験を積んでいる経営者が少ないということなのではないかという気がしてます。
小規模から大手まで、様々なデザイン会社に同じテーマを投げてみたが結果は全部アウトだったとのことで、あるあるのように聞こえますが、濱口さんから見たらアウトなだけというケースも多いように感じられます(苦笑)

まさに私もIDEOさんにご連絡しようかなと思っていたのですが、デザインファームとのお付き合い(に限らず、特定分野のプロとの付き合い全般)で大事なのは、丸投げしないことですよね。こちらは素人だから下手に首突っ込んだらペースを乱すなんて配慮は必要なく、素人のこちらがちゃんと納得できるまで対等に話し合うことが大事だと思います。素人ながらプロの仕事にちゃんと食いついて、腹落ちするまで話し合うのが、最低限必要な努力かと思います。
あはは、言ってしまわれましたねぇ でも、教育にもイロイロ問題点山積みなのですよ どこも模索中です 一つ確かなのは、クラスを取らせればいい、というものではないと言う事ですねぇ(それで十分な場合もモチロンありますが、素養があられる場合には) あ、とりあえず雇っては貰えるようですよ、まだ珍しいので

「彼の方法はシンプルです。ビジネススクールのロットマンで、デザインコースを必修にしたのです。そしてこの試みは、成功します。卒業生の就職先は一流企業ばかりで、平均年収も高額」

コレ、最終的にはK-9ぐらいまでのSTEAMカリキュラムの話に行き着くのでは、とワタシは想像しています ミモフタもないですが
論理的思考とデザイン的な思考の両者を併せ持つ偉大な人物は、レオナルド・ダ・ビンチとスティーブ・ジョブズの2名の名前がよく上がりますね。だからかデザインと聞くとApple社のプロダクトをイメージしてしまいます。

1980年代、デザインファームの第1形態の時代は「Macintosh」の発売がありました。

1990年代、デザインファームの第2形態の時代は、Windows95の発売もあった中、スティーブ・ジョブズがAppleへ復帰し、98年にiMacを発表した年代ですね。

2000年代、デザインファームの第3形態の時代は、iPodやiPhoneが登場です!
この連載について
ビジネスの世界でデザインの重要性が叫ばれている。しかしその一方で、言葉だけが一人歩きし、誤解されながらビジネスシーンで使われることも少なくはない。 一体「デザイン」とは何者か。NewsPicksが解き明かす。