新着Pick
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アパレルのお付き合い先でも同じ事象がありました。バイクと違って購買頻度が高い業態ではありますが、何をもって入口商品になるか?は改めて面白いなと感じる部分でした。
おお。これは素晴らしい。単なるサブスクリプション型ではなく、別の経営課題を解決しているところが素晴らしい。
"ディーラー事業を行なう上ではバイクの試乗車が必要ですが、その購入コストが大きいため、試乗車を使ってマネタイズする必要がありました。"
とても面白い取り組みだと思います。でも、新車販売が増えたとまでは言い切れないと思います。新車購入を検討している人が、レンタルバイクを利用しただけかもしれません。
都心では物理的なスペース確保ができない→サービス利用できないという課題があるビジネスカテゴリーは、定額制への転換可能性がある。

中小企業でも、デジタルシフトと合わせてビジネスモデルの転換を考えられると可能性は広がる。

サブスクリプションビジネスに転換する際は、
・マーケティング組織づくり
・カスタマーサクセス組織づくり
はセットで考えるようにしたい。
ああ、これはすごいわかる。僕も買っちゃった方が毎月引かれるより安心するし、そういう人は多いし。この話はすごいヒントになった。
定額サービスをバイクを購入することを目的にバイクの免許を取得する人は稀でしょうから、やはりターゲットは免許は昔から持っていたが諸般の事情でバイク所有ができない人なんでしょうね。

単純にサブスクに切り替えたという安直なものではなく、なぜ業界全体が盛り上がらないかを分析した上でエントリーのハードルを下げることを目的にサブスクに至ったという経緯。やはり、成功するサブスクは目的ではなくて手段です。サブスクが目的になっている企業は沢山いると思いますが、成功率は限りなく低いと思いますよ。

私も久々にバイク乗ろうかなと思いますが、万が一でも怪我が許されない育児している身なので、現実的ではないかな。そう考えると超安全なバイクさえ開発されれば一定の需要がありそうです。
面白い。サブスクリプションでの効果として、「体験」してもらい購入につなげる点はさまざまな業界で言えることと思います。
なるほど、、、
バイク屋さんを経営しているときに読みたかったです。
レンタルすると販売が減ると思っていましたが逆だったのですね。
なんでもやってみないとわからないものです。
これからは何でもサブスクリプションなんですね。
レンタル819は旅行時によく使ってる。販売車をレンタルするので、レンタル専用車と違ってミラーががたつくとか、古いエンジンの振動で手がしびれるとかないので乗りやすい。

逆に新車なので、レンタル代が高い(買った方が安いのでは)とか、レンタル前後の手続きに時間がかかる(傷のチェックとか)とかデメリットもある。
レンタルサービスを利用する事で市場が広がって行くのは面白い。僕はバイク乗らないから今ひとつイメージ出来ないところがあるのですが、バイク乗る人でこれ使ったことある人でヒアリングさせてもらえる人いたら教えてください。