• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

睡眠学の権威が50代で起業した理由

ネスレ日本 | NewsPicks Brand Design
779
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • NewsPicks Brand Design Chief Strategic Editor / パブリッシング 編集者

    Good Life戦略、今回は睡眠学の権威である柳沢正史教授に、睡眠と健康と長い人生における重心について、お話を伺いました。
    ・個々人の適切な睡眠時間は、1日1時間ずつ長く眠ってみて、目覚ましいらずで起きれたら、それが適切な睡眠時間
    ・「不眠」は眠りたいのに眠れない。「睡眠不足」は充分な睡眠をとらない生活習慣を意識的に続けている状態。
    ・「7時間以上寝ないとやばい」と思い込みすぎるのも、かえってよくない
    など、睡眠の知見がたくさんです。一方で、地道な探索研究から道を切り開かれてきた柳沢先生の重心とそのお考えを掘り下げます。


  • 株式会社リブ・コンサルティング 取締役

    だまされたと思って1日1時間ずつ長く眠ってみると自分がよく分かる、というのは面白いですね。毎日1回は必ず行っている行為なのに意外と科学できていないのが睡眠。

    アカデミックな研究の現場から起業して睡眠解析デバイスの開発へ。眠りの解析と日常への実装は全人類のニーズがある領域と言っても過言ではないテーマですね。

    前よりもコーヒーの出し方がナチュラル…内容と同じくらい今回はどんな感じでコーヒーが登場するのか期待して読んでしまいました。睡眠の権威もコーヒー毎日4~5杯飲むとのことで安心しました。


  • Nestlé Japan Head of Digital & eCommerce

    最終回はGood Lifeの3要素(こころ、からだ、つながり)の一つ、”からだ“を切り口にした対談記事です。

    ビジネスパーソンには関心の強い「睡眠」をテーマにしていますが、その真理の探究に向かい挑戦を続ける柳沢先生の生き方に共感されることが多々ありました。
    「乗り越えられる程度」のストレスが大事とありますが、前向きに毎日を過ごす方こそ小さなストレスを一つ一つ乗り越えられていると思います。ちょっと疲れてコーヒーで一息。3杯のコーヒーとGood Lifeの相関の鍵を説くヒントの一つではないかと、このシリーズを通じて感じました。

    皆さんの前向きな一歩先へのチャレンジを、1杯のコーヒーを通じてこれからも応援していければと思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか