新着Pick
650Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取材を頂きました。月曜日からの一連の特集記事をここまで読み、共通メッセージを要約すると、

1. 若いうちは、自分に投資して人的資本(稼ぐ力)を伸ばす
2. 余裕ができたら、「長期・積立・分散」の資産運用をする
3. 世界経済の成長の恩恵を受けるため、グローバルに投資する

となり、私も強く共感します。

ところが、こうしたコンセンサスにもかかわらず、「長期・積立・分散」を実践できている人が圧倒的に少ないのが日本の実情です。

分散投資に欠かせない投資信託の残高は73兆円と、個人金融資産1800兆円の4%に過ぎません(2018年3月末)。投資信託の保有期間は平均2.7年であり(2017年)、前年よりむしろ短くなっているのです。

そんな中、「長期・積立・分散」を若い世代に本格的に普及させようという挑戦が日本に現れてきました。この記事で取り上げられたロボアドバイザーに限らず、通信系や流通系の新規参入も大きく報道されています。さらに、ポイント運用やおつり投資など新しいアイデアも試されています。

私たちウェルスナビはサービス開始からまだ2年半のスタートアップで、サービス内容・手数料・対象制度などを拡充など、やりたいこと、やるべきことがたくさんあります。一つひとつ、地道に取り組んで行きます。
損をしている人の多くは、下がると売っちゃうんですよね。
長期でやらないと、ロボでも人でも、積み立ての効能は発揮されません。

藤野英人さんのお言葉/株価暴落に怯えない「毎月1万円・積み立て投資家」たちの凄み
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59529
投資信託など従来型サービスがコモディティ化し、商品そのものに付加価値がほぼなくなったいま、付加価値ポイントは顧客接点に移行しており、ロボアドサービスに期待される役割は、顧客コミュニケーションの効率化や充実など、顧客接点での付加価値提供です。
ただ、現在あるロボアドサービスの多くは、入り口で利用者のリスク許容度等に応じた最適ポートフォリオを提案するとともに、投資運用代行及び運用状況の報告等を行なうものですが、投信等の従来型サービスに比べて高い報酬率に見合う付加価値があるかは疑問です。
最適ポートフォリオの提案については、無料の診断ツール等が多く存在していることに加え、一時点で完了するものであるため、継続的な残高比例報酬の根拠とはなり得ません。また、投資運用代行や運用状況の報告等は、従来型サービスでも行っているものです。確かに、スマートフォンを通じてそれらを利用できることは便利ですが、果たして数十bpsも上乗せされる報酬率に見合うだけの付加価値とは思えません。
 金融機関が提供できておらず、継続的な残高比例報酬を正当化し得る顧客コミュニケーションとは、入り口で最適な商品を提案するのみならず、利用者の将来目標を達成するために最適な資産計画をともに策定し、当該計画期間を通して最後まで目標達成に向けたサポートを行なうというものです。つまり、資産運用商品というモノを販売するのではなく、アドバイザーとして資産運用をサポートする関係というコトこそがこれから先に求められると考えています。
 当然ながら継続的に利用者それぞれの資産計画をサポートすることは単に商品を販売する以上の専門性が求められるものであり、何よりも一人ひとりに個別のサポートを提供する手間は小さくありません。「ロボ・プランニング・アドバイザー」を活用することが、利用者それぞれの資産計画の丁寧なサポートを可能にするのであれば、それは利用者にとってのみならず、金融機関側にとっても有益な付加価値となるでしょう。
 ロボアドサービスがこれから資産運用サービスやビジネスを革新する大きな流れを起こすためには、「ロボ・ポートフォリオ・アドバイザー」から「ロボ・プランニング・アドバイザー」への脱皮が必要であり、それができなければ残念ながら「感度の高い人だけがファッションとして利用している」で終わってしまうように懸念しています。
ロボアド3社5番勝負の結果は?

Theo2勝、WealthNavi1勝、folio1勝。1番は分け。

本当の勝負は、ロボアドの実績。どれだけリスクを回避して、運用益を上げられるか。その勝敗はロボアドが進化するこれからですね。

フィンテックベンチャーの登場で投資市場が活気づく。いいことです。
大原さんのご指摘はロボアド提供企業にとっては耳が痛い内容かと思いますが、THEOを試しに使い始めて1年になるユーザーの目線では「そうそう!」と頷きたくなる点も。
ま、運用報酬に見合ってるのか、という問題でいえば、そもそも多くのアクティブファンドは全然見合ってないわけで、それが嫌なら普通にパッシブファンドでグローバル投資できるものに積み立てればいいじゃないか、という気もしますが。(実際、私もメインはそちらです。)
「何のための投資か?」

本来「マネープランニング」の前に必要な「ライフプランニング」。あるべき姿は「老後に向けた資産形成」で、そのために「中長期での積立投資」が有効と。日本人は老後になって投資信託を買いますが、欧米では老後に備えて現役時に買います。

3社とも投資のハードルを下げてくれる素晴らしいサービスです。一方でユーザーにこの点の認識が薄いと、日々のお小遣いから投資資金を絞り出す気にならないのと、短期で効果実感を求めてしまって解約という事態に陥ってしまう危険性もあります。

人生100年時代、老後に向けた資産形成は益々重要なテーマです。自分で責任を持ってそれに取り組む上で、ロボアドバイザーはとても有効なツールと思います。
まとまっているし、一種競合しているサービスのトップがそれぞれのサービスの違いを横比較しているのも興味深いしユーザー本位。
分散投資を自動的にやることがサービスの本質的な部分で、だからこそポートフォリオのパターンも色々あるので、リターンだけでなくリスク(バラツキ)という意味での言及が欲しかった。
昨年は2回大きな下落相場があったし、今はそこから反発している。1年での下落・反発と、金融危機などの下落・反発は違う部分もあるが、分散投資や長期投資のメリットが顕著にでるところ。分散していたからリスクが下がった、その時にも買いを続けるとどれだけリターンが改善したか、そういった点の説明があると嬉しかった。
もちろん少し難しくなる点はある。ただ、そこの啓蒙こそが、ロボアドなのか分散投資ETFなど手段はおいておいて、長期の資産形成では重要だと思う。認識が広がらなければ、特に景況感が悪い時に使われなかったり引き出されてしまう。
THEO、MYDC、Wealthnavi for 住信SBIネット銀行ユーザーです。iDeCoのMYDCはともかく、併用する意味あるか微妙なところですが、ものは試しということで…

まだまだ運用期間が長いTHEOでも2年前後?なので、違いが云々という話もないですが、積立放置するにはよいサービスかな、と。昨日の記事でとりあえずグローバルETF買っとけ、という話もありましたが、ロボアドの方がよい成績を残してくれることを期待してます。
ん、一番知りたかった3社の運用実績の比較がない??手数料が1%は大きいと思っていました。甲斐さんのコメント「一番嬉しいのは、ロボアドのサービスが、積み立てNISAの枠に取り入れられるということです」は、前から思っていましたが、なかなか難しそうですね。
各社の強み、ポイントが整理/比較されていてとてもわかりやすいですね。
有名サービスの各社CEOへのインタビュー、上位株主構成まで公表されている取材力は流石NewsPicksですね。
この連載について
ポイント運用、おつり投資、ワンコイン積み立て、AIを使ったロボアドバイザーなど、新しい投資サービスが次々と生まれている。 こうしたスマホやキャッシュレスの新サービスで、これまで多くの人にとって遠い存在だった「投資」「資産運用」が、かなり手軽に始められるようになっている。日本政府も喧伝してきた「貯蓄から投資へ」の動きは、加速していくのだろうか。最新の投資事情をお届けする。