新着Pick
818Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記はCCCマーケティング北村社長へのNP編集部のインタビュー。
そのときもコメントしたが、Tポイントとしては抜けて欲しくない(データとしても)、だけどファミマとしては貢献のわりに15%という持分に過ぎない。伊藤忠併せて、そこの経営判断があったものという理解をしている。
記事の通り、ソフトバンクが残り35%を保有し、今回の売却分をCCCマーケが買う形であれば、ソフトバンクはファミマと組んで過半という構図はなくなり、CCCの意向が強く効きやすくなる。次はソフトバンクグループがどう動くかが気になる。
https://newspicks.com/news/3478233
自社ポイントでなければ、どっちみち詳細な顧客データ分析や個別顧客対応へのデータ活用は難しい。
コンビニの場合、それほど個客(個別の客)の行動がわかる必要はないという判断があるのかもしれない。
複数ポイントの受け入れは、顧客拡大効果はある。

「ファミマはTPJ株の売却と並行して、2019年11月にも楽天の「楽天スーパーポイント」とドコモの「dポイント」を採用する方針だ。これまでファミマで使える共通ポイントはTポイントだけだったが、その独占が崩れることになる。 」

いずれにしても、Tポイントの経営に与える影響は大きい。
もう5年以上前から噂されていたことです。
ようやく動き出すのか?というのが本音の感想です。
けれども、今は、ポイント戦略単独で動くことはなく、そこには必ず決済が伴っていると思います。
ポイントを複数採用するのは利便性が消費者の利便性が上がることではありますが、顧客購買データをきちんと分析しないと、Tポイント単独を辞める意味がなくなってしまうと思います。⇒顧客購買データが分散するので。
CCCも内心は覚悟をしていたと思うので、今後のCCCの戦略にも注目したいところです。
CCCは、苦しい状況が続いていますねー。

レンタルDVDがどんどん淘汰されているし、今度はTポイントもマイナーになってしまう。

蔦屋書店も、収益を上げる店舗としての存在ではありません。

新しい方策で、V字回復を祈っています。
ファミリーマートがTポイントを運営するTポイント・ジャパンの株式を売却する方向で調整に入ったとのこと。
昨年年末にはCCCとの契約更改のタイミングが到来することから、今後の動向が注目されているところでした。
【コンビニ最終決戦 :ファミマ、Tポイント「決別」の皮算用】
https://newspicks.com/news/3504116
さすがに避けられない流れですか。噂されていた独自ポイントではなくマルチポイント。正式発表見るまでわかりませんね。
"これまでファミマで使える共通ポイントはTポイントだけだったが、その独占が崩れることになる。"
先日、独自の決済「ファミペイ」を発表していますので、ある程度規定路線に見えます
https://newspicks.com/news/3560004
基本は「決済はファミペイでやってもらって顧客情報をためるので、ポイントはTポイントでも楽天でもなんでもどうぞ」ということですね。ただ、上記でもコメントしましたが他の決済手段を締め出すことはしないと思いますし、店舗の広がりも来た出来ない「ファミペイ」を使うユーザーがどのくらいいるのか、というところがまずポイントになりますね。
CCCのTポイントを武器とする相互送客…顧客の消費履歴データを活用した顧客の送り合いには、多種類の商品を売るコンビニの存在が重要だと考えますので、Tポイントの活用に熱心だったファミマがグループから離脱するのは痛いと考えられます。おまけにそのファミマが、TPJの大株主であるソフトバンクのライバル、ドコモと連携する可能性があるとなれば、ポイントカードを中心とする顧客データ活用ビジネスの陣取り合戦は、合従連衡の大幅な変更に進みそうですね。自前の電子マネーを持つセブン&アイにファミマが対抗するために、CCCと組んだのは良い判断だと思えていたので、私は本当に驚きました。これとは別に自動車の自動運転を巡る提携もあり、コンビニもCDレンタル店も自動車で行く人が多いでしょうし、ネット通販業者に集まる消費者購買履歴データも膨大ですから、レンタカー業者を含む自動車関連企業やネット通販企業をどう取り込むかが、ポイント戦国時代の覇者を決めそうな気がします。
日本人はポイント貯めるのが好きで、価格ではなくポイントの付きかたで購買に影響が出る場合も多いと思います。

なんとなくなのですが、Tポイントよりも、dポイントや楽天ポイントの方が同じ1ポイントでもお得感を感じるのですが、実際は同じ1ポイント1円は変わらないはず。

ポイント交換サイトもありますが、そこで変換できる商品やサービスによって円の価値以上のものを感じるのだとするのであるなら、為替のようにポイントも価値が変わるはず。

企業側がデータに固執しなければユーザー目線で価値の高いものに切り替えていく方が良いと思いますので、いつまでも同じポイントサービスにこだわる必要はないと思います。

Yahoo!もTポイントですが、Yahoo!も含めてソフトバンクがPaypayで決済を取りに行くならば、これもまた独自のポイントに動く可能性は高いので、CCCさんにとっては厳しい流れな気がします。

ポイントサービス業界は、ユーザー目線ですと、成長が著しいLINE、クレカユーザー数も多い楽天、携帯シェアが強みのdポイント、それにポンタ、各クレカという順番かなと思いますが、王者CCCの牙城を崩す流れにあるのは間違いないですね。
顧客視点で考えるとこの流れは有り難い。

一方で、事業会社は自社と自社の顧客(もちろん他社も利用する)とどのように繋がり、顧客理解を深めていくのか?

購買の時間だけを拡大するのか?
顧客時間をちゃんと見る気があるのか?

決済と顧客理解のバランスが大切ですね。
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(Culture Convenience Club Company, Limited)は、 Tポイントを中心としたデータベース・マーケティング事業、「TSUTAYA」(書店・レンタル店)の企画とFC展開事業及びインターネット事業、出版・映像・音楽製作・企画等エンタメ分野におけるSPA事業を行う日本の事業持株会社である。 ウィキペディア

業績

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部などに上場されている大手流通企業、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.21 兆円

業績