新着Pick
106Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
久しぶりにPICK ONEに出演させていただきました。

あまり注目されていませんが実務的には影響の大きいニュースとして、いよいよ年明けから施行されている改正著作権法のニュースを取り上げました。
TPP11の発効に伴う、著作物の保護期間の変更(50年→70年)や一部非親告罪化など昨年末に施行されたものを含めれば48年ぶりの大幅改正です。

新年から施行されている改正としては、これまで具体的に適法ケースが列挙されていた「許諾なし利用」ルールが抽象化・規範化され、ディープラーニングによる学習用データセットへの利用等、広範に様々なケースで認められるようになります。
また教育のオンデマンド事業等の発展にも繋がる内容もあり、法律の改正によって社会が良くなる好例になるよう、実務家としても尽力いたします。
重要なニュースなので、テキストでも読みたいですね〜。
成る程ディープランニングの為のデータは大丈夫という事ですか。
良い事です。
一点、著作権法が、死後50年から70年に変わった事で、その合間にP.D.になってしまったものにまた、著作権が派生して遡っての徴収が派生するのですかね?コールポーターとかガーシュウィンとか。因みに日本は、敗戦国のアドバンテージ戦時加算があるので、外国曲の著作権期間は実質80年です。ラフマニノフなんかロシア人ですが、最後は実質アメリカで暮らし死没してますから。
徐東輝先生のコメントはいつも拝見しております。この前の死刑についての考え及び今回の著作権法改正の解説など、大変勉強になってます。

デジタルサービスやAI開発に際して、著作権法改正及び実行、このスピード感と法律の先進さは非常に醍醐味であると感じでおります。

中国の法律の話にすると、「中华人民共和国著作権法」は1990年に発布、2001年一次改正、2010年二次改正。不備や時代に遅れの感じは大きいです。経済や知識ソーシャルアプリで他人が書いたコメントは今も無断使用され、「違法リスクは低い」とよく言われます。
健全な法律が欲しいなぁ。。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。