新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コマツはまさしく社会的課題を解決しようとしている。コマツのとなえるスマコンは、まさしく国土交通省のIコンストラクションそのもの。まさしく、コマツは社会的課題の解決をする将来の姿からバックキャスティングで戦略策定、実行している会社だと思う。それを着実に実行しているのが、コマツウェイ、ブランドマネジメントなどのコマツの理念、行動様式であると思う。本当に立派な会社だと思う。
記事にあるように鉱山でのダンプカーは自動化されているが、油圧ショベルまで!
コマツは着々と情報化を進めていてランドログという子会社がキーだと思っている。建機だけでなく地形や資材などのデータも統合。データが統合されていれば、持っている機材によって自動で掘削までをすること、もしくは建機がそこまで対応していなかったら掘削・整地計画までは自動化とか、いろいろ対応できる。
いきなり変えないと対応できないというのではなく、機材の更新と併せて最新技術が徐々に導入できる形になっているように見え、囲い込み含めて上手く進めている印象。

なお、下記の費用については全然問題ないと思う。最初は人を張り付けないといけないかもしれないが、そのうち一人が複数台を管理するといった形になれば、人件費が浮く。また最適化をできることによって、掘削期間が短く成ったり、機械の稼働なども上がれば、事業者側は回収ができる。
削減コストが値上げより大きければ、両者にとって合理的だし、コマツはこういう顧客の生産性改善による付加価値増を価格で回収するという戦略をずっとやってきている。

『また、従来型の建機より高い導入費用も壁となる。すでに商用化しているICT(情報通信技術)を使った半自動油圧ショベルカーの場合、25トン級1台のレンタル費用は月60万円前後と従来型の約3倍に上る。』
建築現場の技能労働者不足を技術で解決する動き。

コマツが進めようとしている現場の変化を構造化して整理
①見える化→IoT化
②自動化→AI活用
③省人化→IoT+Ai

コマツは「KOMTRAX」と呼ばれるICT技術をコアにもっているから、上記の流れをトッププレイヤーとして推進できる。
また、「LANDLOG」と呼ばれるオープンプラットフォームも構築しており、世界中の建築現場データはコマツに集約される構造になっている。

現場の労働力不足は、世界全体で問題になってくるわけなので、コマツに対する期待はますます高まってくるだろうと思う。
先日はHonda R&D Americasがデザインした、あらゆる地形で走行可能な自動運転の車両「All-terrain vehicle」が下記で紹介されていました。
【なにこの万能感。ホンダの自律運転「台車」による実証実験】
https://newspicks.com/news/3552183

コマツの建機も遠くない未来に無人のものが見られるようです。
現場の方のリスクや負担も軽減できそう。
すでに鉱山用無人超大型ダンプカーは実用化していた。
一般道路を無人運転するよりはハードルが低い。

「無人運転の建機を商用化する計画が2日、分かった。油圧ショベルカーと不整地面を走れるクローラー(無限軌道)式ダンプカーの2機種を開発し、今春から実際の土木工事に利用して実証実験に着手。」
昨年10月のCEATECでのコマツの自律運転建機のデモ展示を見ていた人ならば驚く話ではないでしょう。ここでも書かれているように鉱山では無人ダンプも実現されていたので、それを建機に展開するのは、現場の無人化を進めるコマツとしてスマートコンストラクション登場前から決まっていた必定の流れです。
自動車会社とコラボして欲しい!
株式会社小松製作所(こまつせいさくしょ)は、東京都港区に本社を置く、日本の建設機械・鉱山機械のメーカー。呼称としてカタカナ表記のコマツを用いている。英表記はKOMATSUである。創業者は竹内明太郎。TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.54 兆円

業績