新着Pick

がんゲノム検査システム、初承認 厚労省、保険適用で費用負担減へ

共同通信
がんゲノム検査システム、初承認 厚生労働省は13日、がん患者の遺伝子変異を調べ、効果が見込める薬を選ぶ「がんゲノム医療」用の検査システムの販売を初めて承認する方針を固めた。1カ月程度で医療機器として正式承認される。その後に公的医療保...
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>"その後に公的医療保険も適応し、数十万円かかる検査費用の患者負担が軽減される見通し"

その分、現役世代の負担が総じて高くなる事を明記すべき。

毎年120兆円が投入され、5000億円づつ増えていく社会保障給付費を一体いくらまで増やすつもりなのか、そろそろ示さないと責任ある政府と言えないのでは。(以下のグラフは何度も掲載)
https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/html/zenbun/s1_1_6.html

このように悲惨な状況の公的医療保険にさらなる負荷をかけず、粒子線治療で上手く回ったように民間保険でカバーする道を探るべきだと思います。
ゲノム医療と言うと高度な音の響きで聞こえはいいのですが、現時点では限界の方が多く語られるべき領域で、あくまで試験運用という状況だと思います。

ごく一部の腫瘍では遺伝子変異に合わせた治療薬がすでに汎用されていますが、多くの場合、遺伝子変異を同定しても、それに対する治療薬の開発ないし臨床試験による評価は行われておらず、対応する治療薬はないという状況になります。私の専門の1つ、血液の腫瘍領域でも、原因となる遺伝子変異は無数に知られていますが、それに対応する薬剤はほとんどありません。

それ故に、現時点でがんゲノム検査が我々にもたらしてくれることは、より正確な予後予測を可能にしてくれる、というのが大部分を占めます。

あなたのがんがもつ遺伝子変異は、悪い予後、寿命が短いことと関連していることが知られています。しかし残念ながら、この遺伝子変異に対する良い治療薬はありません。こんな状況を生み出すということです。

患者さんの立場としては、現段階では残念ながら大方こんなものだと捉えていただくほかない状況です。治療薬の開発が進めば、そしてそれを医療経済が許すのなら、やがては個別化医療としてこのようなゲノム検査が治療に直結する時代が来るのかと思いますが、まだ少し先になるでしょう。
がんゲノム医療の詳しい流れは国立がん研究センター中央病院のページにあります。
https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/information/20180403/index.html

ただ現状では、この検査をやって原因がわかり、治療に結びつくことができるのは1割くらいです。これは諸外国でも似たような数字なので、日本が特別成績が悪いわけではありません。

将来的には、患者の遺伝子データと患者の治療内容を結びつけて創薬につながる可能性もありますが、本当に小さな一歩、といったところです。
新着記事一覧
【MLB】カブスVのキーマンはダルビッシュ「数か月前には誰も予想してなかった」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

阪神、福留の走者一掃二塁打などで完勝 3連敗でストップ
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

ロッテが4位浮上、角中同点打&荻野勝ち越し打 楽天は5割逆戻り
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

中日、拙攻続きで3連敗 巨人上回る8安打も1点止まりに与田監督「細かいミスは…」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

“ほぼ座った状態”の少年打者再び ストライク判定に納得いかない仕草で物議
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

西武が鷹のマジック点灯阻止! 秋山逆転打&ニール7勝目、ハムは連勝ならず
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

三好康児、新天地で自己紹介。「武器はスピード、テクニック、ボール扱い」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

巨人が5連勝 わずか3安打、2回から8回まで無安打でも1点差勝利 中日は拙攻で3連敗
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

武藤嘉紀、今季初出場も大苦戦。「いつも3人や4人に囲まれ孤立していた」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

【MLB】大谷翔平の二塁強襲“韋駄天”内野安打に米専門家驚愕「オオタニは飛んだ」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks