新着Pick
543Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
関西に住んでいた頃、大阪城ホールや大阪城野外音楽堂に行くことはありましたが、私の記憶にある大阪城公園はブルーシートだらけで、お世辞にも治安の良い場所とは言えません。
どれくらい治安が良くなかったかと言うと、私自身、10代の頃に大阪城公園で、おそらく薬物中毒者であろうチンピラに殴られて顔面骨折したことがあります。警察に行っても「ああ、あそこなら仕方ないね」くらいの扱いをされるような場所でした。15年くらい前の話です。
その感覚からすると、大阪城公園が観光客向けの夜の遊び場に発展しているというのは隔世の感がありますし、にわかには信じがたいものがあります。実態がどうなのかわかりませんが、記事にあるような賑わいを見せているのなら、民営化の大成功の事例なんじゃないでしょうか。

一方、浄化が進んで欲しいと思うものの、あのブルーシートの群れは一体どこに行ったのだろうかとも感じます。
今までは公園内の各施設がばらばらにおおむね5年ごとにいろいろな事業者に業務委託されていた。今回は20年、公園全体を大手のコンソーシアムにゆだねた。そうしたらコンソーシアムは次々に投資し、集客が増え、飲食などの収入も上がった。インバウンドの集客にもつながり、公園管理経費も不要になり(むしろ黒字になり)、いいことづくめ。
イビサ中心部にある古城は文字通り観光資源として使い倒されていて衝撃を受けました。
イビサのサンセットは世界一美しいと言われるけど、サンセット自体は何の収益もうまない。サンセットを導線にどうカスタマージャーニーを作るのか。サンセットの余韻を冷まさないように趣ある古城内でのディナーやドリンクに誘導する。サンセットを背景に舞台を設置して音楽やショーを楽しませる。雰囲気を盛り上げ、夜はさらにアクティブなナイトクラブに誘導する。
自然の景観や文化施設を中心に完璧な導線設計がなされ、かつプライシングもしっかりしている。観光立国のお手本だと思いました。
市長のツイッターでもありましたが、元々4000万の税金だったのが今や収入の一つですもんね。観光資源の解放は管理面の課題をクリアすれば大きなポテンシャルですね。
大阪城今はこんなことになっていたんですね。すごいなぁ。
齋藤さんがコメントされてますが、観光地におけるカスタマージャーニーを意識しての施設整備・サービス設計は本当に大切です。自治体はせっかくの観光資源をもっと戦略的に使っていってほしいです。
色々批判される施策もありますが、大阪維新の会の功績の部分にもしっかり目を向けたいですね。
東京都心には、皇居前公園と日比谷公園があります。私個人は商業施設の少ない、スッキリした皇居前公園が好きです。日比谷公園ですら俗化していますから、固定資産税を払う必要のない自治体公園は、稼ぐことは悪くはありませんが、自慢することでもないでしょう
失敗例も成功例もいろいろあると思います。成功した理由をしっかり分析すれば、他にも応用できそうです。20年という長期契約がよかったのかもしれません。国立大学の運営のヒントになるかも。
素敵ですね。地代などの取り決め次第なので利益額は評価できないてすが、天守閣を訪れるのが275万人と120万人増えたということや、周辺で開発が進んでいるというのは、観光資源という意味でも、収支改善という意味でも素晴らしいです。今度大阪いったときに覗きにいこう
来月にはカナダ・モメントファクトリーの体験型ナイトウォーク「サクヤルミナ」がオープン。2月には3つのホールを擁するエンタメ施設「クールジャパンパーク大阪」が開設されます。いずれも吉本興業の事業。大阪城であそぼ!
USJより近くてアクセスも便利。
いっそのこと一大テーマパークにしたらいい。