新着Pick
209Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前分析をしたホームセンターではガソリンスタンド併設店舗がいくつかあり、客寄せのために安値で売っていて、一店舗でガソリンスタンド数十個分の売上を叩き出していましたが、需要が一定のなかでこんなのが出来てしまったら周辺のスタンドは軒並み倒産なんだろうな、と思ってました。車社会の地方において「安いガソリン」は集客ツールとして優秀なので、SCなどの併設が伸びるんだろうな、と思っているのですが意外と増えないので、安全上の理由などもあるんでしょうかね。
アメリカのセブンイレブンはガソリンスタンド併設が多かったり(売上にガソリンが大きく入っていて分析するときは注意が必要)、コスモ石油がリースカービジネスを頑張ってやっているように、油外収入をどう確保するかに生き残りがかかっていますね
記事でも触れていますが、倒産よりも廃業の方が、ガソリンスタンド業界にとって今後大きな問題になりそう。全業種で見ても、廃業件数は倒産件数の2.5倍ほど発生しているが、この差がさらに広がっていく流れにある。EV化への流れも中長期的には廃業を後押ししそう。また、地方の過疎化についても大きな課題。逆にいえば、そこに一定の商機があるのも事実なので、新たなビジネスモデルを打ち出すスタートアップが出てきたら面白い
都市部のモビリティに対する解決策は様々出てきていますが、人口密度の低い地域はどうするか。Uberも過疎地域で実験していますが、ガソリンスタンドというインフラ機能をどうするかも大きな課題です。
EVのメリットの一つとして、スマホの用に自宅で夜中充電しておける。というのがありますが、結果的に地方や過疎地ではスタンド減に対する強みだなと感じます。
「ガソリンスタンド経営者の倒産件数の推移」の単位が「兆円」になってますよ。

ガソリンスタンドはクルマ社会の地方ではライフラインです。
灯油供給は更に重要。死人が出ますよ。

少なくともライフラインは維持できるような政策を望みます。
ガソリンスタンド、過当競争になっている地域と、次のガソリンスタンドまで◯◯kmという地域とのギャップが激しすぎます。

冬場になりますと雪国では、灯油の需要が相当高まりますので、車を持たない高齢者家庭にも行き渡らせなければなりません。
また、クルマのタイヤを冬タイヤへと履き替えるための重要拠点でもあります。

過疎地域では、ガソリンスタンドはライフラインの一部でありますから、それを維持する枠組みが必要だと思います。
地方に行くと廃業してそのままのガソリンスタンド跡地は目立ちますよね。本当に必要ならば共同購買とか含めてとなりますが、実際には不便だけどどうにかはなってる状況、、、というレベルだととても難しいのですよね。買い物難民と同じ構図。
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。