新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1 テレワークが「週1日未満」の場合、テレワークのメリット(ストレス減、ライフワークバランス、意欲向上)を引き出すに至らない。
2. 「週1日」「週2日」の場合、効率が上がって生産性が向上する。
3. 「週2.5日以上」の場合、社員は企業との接触感を失い(孤立化)、生産性はピーク時より落ちる。

個人主義のフランス人でもこうだとすれば、より集団で仕事をする日本人では尚更のことでしょう。
On/Offの切り替えが重要なテレワーク(含在宅勤務)。自社でも推奨はしているが、2日が限界でしょうね。

なお、コスト削減効果に関しては、通勤費(定期代)を支給する日本の企業では事情が異なる。
日本においては、通勤時間の短縮等、生産性やワークライフバランスで判断すべき。