新着Pick
681Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Jobsが亡くなった時に、アップル系専門誌のMacPeople当時編集長を務めていたHirohide Yoshidaさんの記事。アップル、iPhoneを持ち上げる記事が多い中、非常に冷静な記事。
売れなくなると言っても、当面は、シェア1位と書いてある通り、アップルが優位なのは間違いないでしょうが、アップルがイノベーションのジレンマに陥っているのは、疑いの余地はなく、新しい体験を生み出せなくなっています。
クックは優れた経営者ですが、イノベーターではないので、次のCEOは、イノベータータイプを選び、イノベーションのジレンマを打破し、また消費者がアップルにワクワクする時代が来て欲しいと願います。
Appleの企業姿勢と言って良いのか、CEOの性格なのか、戦略なのか分かりませんが、Appleの何かというと他社を批判する姿勢にうんざりする。Facebookに存在してはいけない企業と言いつつ、アプリをAppStoreからは削除しない。ユーザーの情報でビジネスするなと言いながら、Google検索を標準とする対価を貰うといった矛盾も多い。一貫した姿勢で批判をするのなら良いけど、言ったことを忘れたのかと思うくらい、割と簡単に方針転換する。だったら最初から批判なんてするなよと思うのですが、批判しなきゃ自社の良さを表現出来ない所に、Appleが新規性を打ち出せない苦しさがあるのではないか。
歴史は繰り返すので本稿の予想におおむね同意する。それでも変化の激しい業界でこれだけで長期間iPhone一本足打法(売上も利益もそうなっている)で稼ぎ続けたのだから偉い。普通の競争があるなかでこれ以上の成功はないし、また望むべきでもない。
そんなことはアップルは百も承知だろう。iPhoneの新製品の爆発力がなくなってからもう一度イノベーション路線に回帰できるかに注目。これができたらホントに凄いことだが、確率は高くないとみる。少なくとも一時的な低迷はありそう。
iPhone愛が世界で群を抜く日本にいると、なかなかiPhoneの先にあるものが想像できません。5Gの世界がどうなるのかも読めません。ただ、想像するのは、スマホを指で起動させることが面倒になり始めている時代に合ったものが出てくると思います。AIスピーカーから、スマートフォン、スマートウォッチ、スマートグラスが連動して音声入力だけですべて連動して動く世界ができるのでは。
>乱暴にいうと、iPhoneでできることは、Androidでもできるのだ<

というより、私の見立ては以下のとおり。
・iPhoneにできなくてandroidにできることは沢山あるが、逆は少ない。
・ここ5~6年のスマホの進化は、androidが牽引してきた。電子マネー、Qi、顔認証や虹彩認証。デュアルカメラ。IPX68の防水。大画面。
・androidよりiPhoneが先に実装したものは指紋認証とノッチくらいじゃないか。

そんな中でiPhoneの人気がヤバイのは、やっぱりブランド力だと思います。
誤解と偏見に満ちた記事ですね。

Macのシェアが低いのは書いてあるとおりですが、これは昔からで、Windowsのマシンを使っている人はご存知の通り、Windowsの安いマシンは性能が悪い。昔は、高いけれども性能は良い、というのがMacの売リだったのですが、今は違います。東京大学の生協では、新入生用にパソコンの安売りをしていますが、数年前から、そのパソコンはMacBookになっています。

iPhoneがあまり売れなくなる、ということだけはあたっているかもしれませんが、他のスマフォメーカーも同時でしょう。デザイン部門責任者のジョナサン・アイブは、
 ”美しい製品を作る。その結果、長く愛され、無駄に廃棄されることも減る。長く使ってもらうことがもっとも環境に優しい。” と宣言しています。

スマフォは、ハードウエア的にはそろそろ限界に来ている印象がありますが、これに代わるハードウエアがないので、このままゆっくりした更新でしばらくいくのだろうと思っています。

今後必要なのは、ソフトウエアです。Macにしても、iPhoneにしても、AI的要素がほとんどありません。毎日、ほぼ同じことをしているのだから、それをサポートしてほしい。もちろん、これはWindowsにも言えることですが、Windowsマシン、OSには、現時点では、そういう雰囲気は全くありません。これは両者ともに頑張ってほしい。

アップル社のスピーカーが遅れを取っているのは事実ですが、これには一つ理由があります。他のメーカーのスピーカーがサーバーへ個人ユーサーの情報を送ってもらって分析しているのと違って、アップル社のスピーカーはローカルで音声分析をします。これは、個人ユーザーの情報をサーバーに送らないための工夫なのですが、そのために、開発に時間がかかっているそうです。

Windows, andoroidには、セキュリティ機能がほとんどないいことは相当気になっています。iPhoneのアプリは、ご存知の通り、アップル社が管理しています。Macは、sparceBundle (ファイルの暗号化)が、OSの付属でできるようになりました。

使い込んでいる人は知っていることばかりですが、Apple, iPhone攻撃しかされてないのようなので、念の為に書いておきます。
いつまで経っても結局iPhoneの一本足打法から脱却できないのでね。
新たな大型商品なりサービスなりで十分稼げる体制を築けないと、iPhoneの売り上げが落ちる(その理由はここに書かれている)とともにアップルという会社自体がシュリンクすることになる。そのときがアップルの危機でしょう。
会社が小さくなるときの対処って難しいと思うんですよ。リストラは避けられないし、どうしても士気が下がるので。
それでも、僕はiPhoneを買いたい!
アップルはスティーブ・ジョブズがいなくなった時代の何でも屋に戻り、数多くの製品がお互いに食い合いを始めているように見える。何が何だか分からないような商品構成になってきた
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
234 兆円

業績

幕張メッセ(まくはりメッセ、英:Makuhari Messe)は、千葉県千葉市美浜区の幕張新都心に位置する日本最大級のコンベンション・センター。国際展示場2棟11ホール、国際会議場、幕張イベントホールを有するアジア地域有数の国際見本市会場及びMICE施設。国際展示場の正式名称は千葉県日本コンベンションセンター国際展示場。 ウィキペディア

業績