新着Pick
371Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
赤松健氏が運営するマンガ図書館Zは、同じ試みを廃版になった漫画でされていますね。廃版になった漫画がまた読めるし、作家さんは新たな収入源になる。

この記事を読んで思ったことは「ってことは、集英社が半分は手数料としてもっていくのね」ってことでした。

マンガ図書館Z
https://www.mangaz.com/
これはいい取り組み
ジャンプ+は他の漫画アプリのようにどの漫画がどのくらい閲覧されているか推測できる数字が出てないので計算できなかったのですが、他の漫画アプリの人気漫画におけるいいね数やコメント数などから広告獲得額を多めに推測したところランキングTopでもそんなに大きな額にはいかないと思われます。ただそれでも、できることから漫画家のクリエイティビティに報いていく施策を集英社のようなトップブランドが積極的に打っていくのはとても意味が大きいと思います。
広告モデルで魅力的な正規版が流通し、作家に十分に報酬が還元される。海賊版対策としても最優先で広げてもらいたい措置です。
当然ながら、より多くの広告収入を得るために幅広い読者層を狙う作品が増えてくると思うが、一方で、作者としても広告主としても読者データによる明確なターゲティングが可能になることにより、伝えたいテーマがしっかりとした良質な作品が出てくるのではないかと期待している。
こういう夢が日本には足りなかった

一山当てて
でっかく稼げる!

いい取り組み、winwinです

それぞれの出版社も才能を発掘するために検討すべきでしょう
ジャンプ+でいくつか作品を読んでいます。広告が入っていることに全く気が付きませんでしたが、こういった作者への還元はモチベーション向上など良い効果を生みそうですね。
サービスが安定してきたら、分配も最適化されていくことが望ましい。それが比較的可視化されやすい時代だし、ITサービスはそれがやりやすい。
おぉ、これはいいですね。夢がある。
ファイアパンチ以来ヒット作がないイメージ。
株式会社集英社(しゅうえいしゃ)は、日本の総合出版社。『週刊少年ジャンプ』『週刊プレイボーイ』『non-no』『すばる』 『Myojo』などの雑誌を発行している。社名は「英知が集う」の意味。 ウィキペディア