新着Pick
362Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在、大腸がんのスクリーニング検査としては、特殊な事情がなければ50歳から75歳の方に、1年に1回の便検査または10年に1回の大腸内視鏡検査が推奨されています。(ただし、検査でポリープなどが見つかればこの期間は変わります。)

しかし、便を採取して提出する手間や内視鏡施行時の痛みなどが障壁になり、検査の広がりには限界があるという現状があります。血液検査のように、身体に負担の強い検査に置き換わる容易な検査方法が開発されることは好ましいことです。いずれは血液や尿、さらに先には検体を取らなくてもセンサーなどで病気を検出する技術が開発されることと思います。

新規検査が開発された場合には、既存の検査と比較して、どのぐらいメリットがあるか、それにかかるコストはどうか、誤診がないか、どの程度の頻度で行えばいいのか、などを十分検証する必要があります。例えば記事のように早期大腸がんを90%発見できたとしても、実は誤診も多く、偽陽性の検査結果を下に結局無駄な大腸内視鏡検査を増やしてしまったという結果になっては元も子もありません。その検証をこれから十分やっていく必要があるでしょう。
殆どの大腸ガンはポリープからのガン化でありポリープの段階で切除すればガンになりません。その方がいいでしょ?早期大腸ガンになる前に便潜血検査か大腸内視鏡で発見できてその場で切除できますよ。
大腸内視鏡はできれば受けたくない検査の一つでしょう。二酸化炭素を使用するようになって、かなり楽になっているとは言ってもです。しかし、この記事中の血液検査を受けてクロと出れば腹をくくらざるを得なくなります。

保険適用はもう余裕がないと思います。
新しい簡便な検査が出来たことは朗報の一つですが、誤診がどの程度あるかどうか(間違って陽性になるのがどれくらいか)やコストがどれくらい下がるのかという点は落ち着いて見て行く必要があるとは思います。他のガンも血液で見られるようになれば手間が下がりますが1項目2万円となると5つのガンを調べるだけで毎年10万円の出費になったりと結構きつい方も多いのではないでしょうか。
島津製作所の得意分野ですね.ノーベル賞受賞者の田中耕一さんをリーダーに,2010年から2014年まで,血液一滴から病気を早期発見するというFIRSTプログラム「次世代質量分析システム開発と創薬・診断への貢献」に取り組みました.ノーベル賞受賞のソフトレーザー脱離イオン化法が活用されています.血液からアルツハイマー病の原因物質が検出できるようになったと言われており,ガンなどの他の病気への応用も期待されていました.
国民病となりつつある大腸がん。内視鏡検査はなかなか時間も苦痛も伴い、気が進まないが、血液検査ならやりやすい。
保険適用まではなかなか難しいだろうが、検査の正確性や見落としリスクを減らして普及することを期待。
できればポリープの段階で見つけてほしいです。

で、早期がんのうち1割見逃されるのが多いのか少ないのか。

あとは、陽性と出た方のうちどの程度正常な方が混ざるのか。(偽陽性率)



医療者はそんなことが気になってしまいます。
結局、ポリープの段で見つける方が良いとか、見逃しが多過ぎるとか、正常な人まで拾い過ぎるとなると、やはり大腸カメラだよね、、、となります。

非侵襲的な方に医療が発展するのは大歓迎ですが。
スクリーニング(予防医療)としては△ですが、医療現場での価値はかなり大きいと思います。体重減少などがあり、がんを疑う患者さんに、状態が悪かったり同意が得られなかったりなどして、大腸カメラができないということはしばしばあります。胃カメラ、造影CTはやったけど、大腸カメラだけできない、という患者さんは多い。

しかし、予防という面では癌になる前のポリープの段階で見つけるべきなので、大腸カメラをすすめます。スクリーニングとしてはまだ微妙、あくまでも補助的なものです。

論文を探してみました
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/28179577/

日本語
https://www.shimadzu.co.jp/news/press/n00kbc000000at71.html

スクリーニング検査として使えるか、というデータはこれからだと思います。自費検査、というのはおそらく保険適用されるほどのデータがない、ということ。データをこれからとるなら自費ではなくむしろ無料でやってもいいと考えてしまいますが、どうなんでしょう。
血液検査で分かったら、すごい!これはぜひ受けたいし、家族にも受けてほしいです!
本件は「神戸大学や国立がん研究センターと共同開発した技術」なのですね。

ちなみにここ1年ほどで尿によるガン検査の話題がいくつか出ております。
日立製作所が線虫に人の尿のにおいを嗅がせ、がんを発見する自動検査システムを開発したと報じられ(①)、その後山形では尿のにおいをかぎ分けるがん探知犬全国で初めて導入されたとも報じられました(②)。さらに名古屋大学では、尿から五種類のガンも発見出来る技術を開発したというニュースもありました(③)。
https://newspicks.com/news/2192970
https://newspicks.com/news/2216354
https://newspicks.com/news/2695017

昨日も山本KIDさんの訃報がありました。ガンは治る病気になってきたとはいえ、悲しいニュースはやはり無くなりません。

早期段階を含むともありますし、進行していなくても発見できるのがまたすごい。
国に健康保険の対象として認めてもらうよう準備を進める方針との事ですので、ぜひ進めてほしいですね。そして大腸ガンだけなく、他のガンにも適用できたらと期待します!
素人は、癌になると、血液に含まれるアミノ酸や脂肪酸が増えるのはなぜかは生理学的な知見か、経験的な傾向判断かといった疑問をいだく。

いずれにしても、安くて早期に発見できるのはよい。
株式会社島津製作所(しまづせいさくしょ、英語: Shimadzu Corporation)は、京都府京都市中京区に本社を置く、精密機器、計測器、医療機器、航空機器を製造する企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,163 億円

業績