新着Pick
603Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素晴らしく分かりやすい構成でした。私は文中にあるように「(デジカメはスマホからの)ステップアップではなく、スライド」というのは言い得ていると思います(識者の方は否定されていますが)。だからこそタイトルは「カメラに、スマホへの「勝ち目」はまだあるのか」だとやや二項対立が過ぎるように思います。別にフルサイズミラーレスがスマホに勝つ必要はないのではないでしょうか。

まして今回キヤノン・ニコンが出したものは安いものでも20万台というラインナップであり、狙いは「元々カメラ・写真が好きな層」だと思います(そもそも皆がフルサイズを欲しい訳でもないでしょう)。スマホやインスタといったフレーズよりも違う次元のところにある商品かと思います。
「ミラーレスを」「スマホカメラを」という、モノをどうどれだけ売るのかという議論では、既存型はもう立ち行かないだろう。

ファーウェイにとってカメラは、日常生活を豊かに送る1ファンクションでしかなく、同時に5Gとかディスプレイ指紋認証とかチップとか開発してるわけで、その上で新しいタイプの写真を撮れる技術=さらなる楽しみの提供を行っている。それが5Gとかと繋がるわけだから、得られる体験の幅は単体カメラの比ではない。

仮にだが、レディプレイヤーワンのように常時接続の形態がスマホからVRに変わってデジタル側に住むようになれば、全ての視点をログとして保存できてその中から切り取れるようになるので、良い画角や写り込みの奇跡的な組み合わせなどに面白みが移り、自動検出や切り口や処理速度に価値が移行するだろう。その意味で360°カメラはこの世界観に近い。

中国だと、アリババがモバイルペイメント普及のためにバーコードスキャナーをタダで配りまくったことで、スキャナーメーカーが新規開発事業の撤退を余儀なくされたが、そのころスキャナーメーカーが作ろうとしていたのは、「超精度が高く、NFCもBeaconもWifiも入っててディスプレイで広告まで出せるバーコードスキャナー」だった。

こう書くと、読み取りではなくデータ取得とその活用に価値が移行したのにすごくトンチンカンなことをやってるように聞こえるが、既存型カメラメーカーがやっていることはさほど違いがないように見える。

私も撮るのが好きな人なのでなんとか頑張って欲しいが、コト化やデジタル化の本質を捉えないと、もう何とも未来がないように思える。
デジタルカメラは、日本のカメラメーカーがトップシェアを誇っています。他の製造業が次々と他国に抜かれる中、カメラは日本の産業の希望ではないかと考え、カメラ特集を企画しました。

しかし、アナリストの道越一郎さんにお話を伺い、そうとも限らないと思いました。

進化し続けるスマートフォンカメラ。特に中国のスマートフォンメーカーのファーウェイは、カメラに有り余る情熱を注いでいます。それに対抗するには、ユーザーの視点に立つことが大切だと、道越さんはおっしゃいます。

ユーザーは、カメラに何を求めているのでしょうか。ぜひ、ご一読ください。
一眼もスマホも両方使っているので面白かったです!

アフリカやボルネオなど野生動物を見る旅が好きなので、Canonの一眼望遠レンズで撮っています。
一眼は主に遠くにいるものを撮る時、また、接写したい時に。
レンズ交換面倒な方には50-200mmのレンズが一本で汎用性も高くおススメ!

スマホは日常使いで、何かを持ち歩く必要がない為、一眼の必要がないときは、ほぼスマホになってきました。写真は精度がここ数年でアップ、動画もですがスマホのままだと、やはりブレるので動画がビデオカメラがオススメです。

望遠、接写精度と使いやすさが上がればスマホ率がさらに高まります。(手動の方が、ズームなどが今は瞬時に決まる)
ユーザー視点な記事だと思う。大部分の人はカメラが欲しいのではなく、きれいな写真が欲しい。
その観点で、スマホとデジカメだと台数の桁が2つ違うし、それゆえに研究開発費も違うというのは重要な指摘。それだけ研究開発をしても、一台当たりでは薄められる。そして、ユーザーとしてはそれがきれいな写真につながるなら、それで問題ない。

Huaweiと組んでいるLeicaについての言及も面白い。Leicaはデジカメ自体でもパナと組んでいる。例えばキヤノンなりニコンが、Leicaと同じようなスマホメーカーと組むといった意思決定をすることが、そのうち起こりうるのだろうか?
いわゆるコンパクトカメラの生産台数は2010年の1.08億台から2017年の0.13億台まで激減しています。消費者は重たいカメラではなくスマホで気軽に写真を撮り仲間とシェアしたいわけですが、ここに旧来のカメラメーカーは参入できなかったわけです。
 カメラメーカーとしてはAI連動・高画質動画・動画からの静止画切り出しを訴求するか、ファン層を相手にどうビジネスを継続するかが事業の鍵となっているのではないでしょうか。とはいえ、マス相手ではありませんので、採算をとるなら最終的には1台百万円するライカを目指すのだろうと思います。キヤノン・ニコンのミラーレスの新型レンスの価格の高さを見てその思いを強くしています。
交換レンズによる視野の広さ(超広角)や微視的な画(マクロレンズ)のエッジ感は、まだまだスマホには超えられない壁。それらを場面で使い分けることは更に大きな壁。一部の本当に写真や絵が好きな方が拘って(或いは仕事で)使うようになっていくとは思います。その分価値がより際立ってくるかと。山登るときは両者がかなり活きます。(マクロレンズは所有していませんが、、)

関係ないですが、何でマクロレンズっていうんだろう?小さいの撮れるなら、ミクロレンズじゃないのか不思議。逆に小さいのを大きく見せられるからか?(独り言)

追記
ニコンだけは、マクロレンズを、「マイクロ(ミクロmicroと同じ)レンズ」と呼んでいるようです。そして、私の疑問は価値観の押し付けらしい。失礼しました。以下知恵袋。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313775278
スマートウォッチの登場で普通の腕時計は終わる的な話しがありましたが、逆に腕時計をする習慣のない人がスマートウォッチをするようになり腕時計をする習慣が生まれました。そしてそれは腕時計の需要を伸ばしました。

スマホで写真を撮ることが日常化すれば、カメラそのものに興味を持つ人はふえると思います。そういう意味でカメラはまだまだ市場はあると思います。
溝口さんの写真は撮るものではなく、創るものという表現がたしかに。と感じました
そうしたときに機械ひとつで完結するスマホに勝てるものってない気がしています
でもFUJIFILMとかライカとかは個人的に持ってたくなるカメラなので買ってしまいますねそうすると個人的には本体デザイン重視になってきます。笑
良記事、カメラの話なんだけど後半はスマホに侵食されていくカメラ市場を克明に描き出している。データもそこそこある。

グローバルでみたときにHuaweiのような開発アプローチの会社は確かに要注意だと思うし、使える予算が圧倒的に違うというのもその通りだろう。ニコンもキヤノンもフルサイズミラーレスに対して随分慎重だったのもそうだし、その慎重さに果たして意味はあったのか?というのも頷ける指摘。そもそもカニバリゼーションを恐れていたらスマホに ただ、負けていくだけでもあるだろうし。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社ニコン(英語: Nikon Corporation)は、日本の光学機器メーカー。カメラ、デジタルカメラ、双眼鏡、望遠鏡、顕微鏡、ステッパー、メガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学関連装置の大手メーカーであり、三菱グループの一員。三菱金曜会 及び三菱広報委員会 の会員企業である。 ウィキペディア
時価総額
4,873 億円

業績

キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
3.64 兆円

業績