新着Pick
216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こんなことを言っては失礼かもしれませんが、最もキャッシュレスに遠そうな屋台でのキャッシュレス実験というのは非常に面白いですね。

キャッシュレスに慣れた観光客が増えることを期待ということなので、はじめからインバウンドを想定しての実験というのも取り組みとしてとても良いです。

福岡がアジアの中心になるためにもこうした施策の積み重ねは本当に重要ですね。これは大いに期待します。
6月には、Line Payで同じような取組みをしましたよね?

https://www.travelvoice.jp/20180619-112721

再度実験ですか?
実験するならKPIを設定しているのでしょうか?
マイルストーンの設定がなければ市が費用を出している期間の一過性で終わってしまうと思います。
【博多の屋台とキャッシュレスの親和性】
福岡はアジアと一番近い日本の大都市。
当然QRコード決済に馴染んだ中国からの
観光客も多い。屋台はこまごました少額決済の
ニーズも多く、キャッシュレス化出来れば
それに越したことはないはず。
現金志向が強いと言われる日本人も、
こういうところでその便利さを覚えたら、
後戻りはできなくなるはず。
手数料0%のQR決済が期間限定とは言え増えてくる中で、日本人はもちろん海外の人が使いやすいサービスになれるかどうか?この辺りは中国を見ていても気になるところです。
衛生面の視点からも現金ではなくキャッシュレスが望まれます。
消費者からすると、バタバタした中で細かい支払いをすることが多い屋台こそ、スマホ決済導入で最も便利になる場所なのではと思います。
お店が釣銭を用意するのに、銀行で両替をしようとしますと、両替手数料をそこそこ取られるようになっていますね。

カード決済やQRコード決済の方が、店主にとってもユーザーにとっても、煩わしさかが省けていいような気がしますけど、
なかなか浸透しないのは、決済手数料が高いのか、事務が面倒くさいのか、それ以外に理由があるのか、よくよく検証した方がいいでしょうね。
福岡ではAmazon Payのリアル店舗導入も秒読み段階だと別の記事で報道されていました。

今年の秋は、福岡が決済サービスの激戦区となるのでしょうか?

決済サービスは「ネットワーク外部性」が強く、規模が大きいと店舗・ユーザーの両方にとってメリットが大きいので、加速度的に大きくなります。今後の展開から目が離せません。
いいですね、こういうのもっとやってほしい。NPにいる方が思うより、キャッシュレスって一般に全く知られてないと思うので…
日本は大規模トップダウンより、成功事例クイックウィンのボトムアップ型が傾向として向いてると思いますし。
そうすると、加盟店を増やすのも重要だけど、面白い企画や都市特化で認知が広まって遊ばせる方が、今の段階に適しているのかもしれないですね。

願わくば、もう少し広い範囲で使えて、ラーメンの出前や、この周辺の自転車、タクシー、電車、バスまで使えるようにできれば、社会実験として成功事例扱いされそう。
さすが、革新的な施策を取る福岡!
QR決済vs FeliCa決済になるか!
見ものですねー