新着Pick
40Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
自然エネルギーの拡大を感じるが、一方で安定的な電源の重要性や、揚水発電以外の蓄電手段の必要性も感じる結果。
記事にもあるように季節要因もある。例えば夏場だったら日中のエアコン需要は高まるだろうし、その際に太陽光が需要とマッチして発電量が増えていくのはいいこと。とはいえ、夜は発電できないし、日中もずっと需給マッチが必要。揚水・水力は地形が関係して規模にも限界がある。
複数の自然エネルギーを組み合わせることでボラが抑えられる。併せて蓄電ができれば、ベースの火力のキャパを減らせる。それらをどううまくやっていくかが、自然エネルギーの比率を上げていくためのキーだと思う。
やればできるものだ。
四国電力株式会社(しこくでんりょく)は、四国地方4県(香川県、徳島県、高知県、愛媛県)のほぼ全域を営業区域とする電力会社。本店は香川県高松市に置いている。 ウィキペディア
時価総額
2,195 億円

業績