新着Pick
800Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビジネスチャットとして着々と成長しているSlackですが、その創業者が実は写真共有サービスのFlickrも生んでいたとは知りませんでした。
起業家はとかく「諦めるな」「粘り強くあれ」と言われがちですが、肩の力が抜けたバターフィールド氏のアドバイスはとても興味深かったです。
「『自分のプロダクトに愛着を持ち過ぎないこと』も大事です。
思い入れが強すぎると、ユーザーのニーズからはかけ離れてしまいがちです。私はこれを『オーナーのジレンマ』と呼んでいます。」

これは先日AmazonのJeff Bezosの金言(https://newspicks.com/news/3231905?ref=user_180741)の中にも、自分たちの強みにフォーカスするのではなく、顧客にフォーカスしなさい、という言葉があり、通ずるものがあるな、と思い、読みふけりました。まさか!Slackの原型は経営していたゲーム会社から生まれたというストーリーが最高ですね。
「オーナーのジレンマ」、とても興味深い。
これは、創業期だけではなく、プロダクトの成長とともにも発生していくように思った。使ってハマるほど、もっと多くのことがしたくなる。だけど、昔から使っていて機能が徐々に追加されながら使っていったユーザーと、多くの機能が最初から使える状態で入るユーザーでは、理解が異なる。
良いプロダクトはそこの橋渡しが直感的なのだと思う。逆にそうでないなら、複雑さを乗り越えてでも使ってもらえる必要性や稀少性が高いか、絞り込んで単一機能でひたすら使いやすいといったことのほうが重要なのかもしれない。
FlickrとSlackという大ヒットサービスを連発したシリアルアントレプレナー、スチュワート・バターフィールドのインタビュー。すごく面白い!2回ともオンラインゲームを作ろうとして上手くいかずにPivotしてというのが興味深い。これだけ皆んなに使われるサービスを2度というのは凄い
「「法務部の承認チャンネル」があります。このチャンネルに契約書をアップロードすると、弁護士の1人が「目をキョロキョロさせている絵文字」でリアクションをします。これは、「この弁護士が文書をチェックしている」というサインです。そしてチェックが完了すると、弁護士は「緑のチェックマーク絵文字」でリアクションをします。このサインがついたら、承認完了です。いちいち発言をする必要はなく、一連のプロセスを2種類の絵文字のみで完結できてしまうコミュニケーションは、絵文字だからこその威力だと思います。」(記事引用)

Slackは使ったことがないが、上記引用部分で一番使用感が伝わった。日本初の絵文字(表意文字)をうまく利用すると、意味伝達をボディランゲージ表現(感情を共振させる身体)として表現できる。これは文字伝達の弱点をうまく補完してくれる。
Slackのことはよく知っていたつもりでいたけど、まさかあのFlickrの創業者でもあっただなんて。

メルカリもそうですが、シリアルアントレプレナーの挑戦は本当に人をワクワクさせてくれる。
ちょうど良く聞いているPodcastでも彼のストーリーがやっていたのでお勧め!フリッカーを売却してヤフーの大企業カルチャーにうんざりした事、プライベート(結婚や離婚)の事などとても面白いエピソードが満載。
因みにこの記事では深く言及されていませんが、彼がオンラインゲームの会社を2度目失敗した時、泣きんがら社員にクビを告げた事、そして残った社員を助ける為にも今のSlackをやろうと思った事など、本当に人生どうなるか分からなくて面白い!
https://www.npr.org/2018/07/27/633164558/slack-flickr-stewart-butterfield
面白かった。ことに「オーナーのジレンマ」は本当にその通りで自戒しなくてはといつも思っている。

以下引用です。
「自分のプロダクトに愛着を持ち過ぎないこと」も大事です。
思い入れが強すぎると、ユーザーのニーズからはかけ離れてしまいがちです。
Pivotと、ミッション経営との整合性は、悩ましいですね。
特に、日本では、リストラが難しいので、Pivotが馴染みづらいですが、徐々にそういう時代になってきていると感じています。
誰もが大切だと思う、ユーザーのニーズ。
でもたしかに、心理的に縛られて、歪んで見てしまうことは起こりうる。。
執着、愛着という「着」は、時に悪者になる。

> いい意味で、「愛着」がなかったからこそ、ユーザーのニーズに合わせて、ひたすら改良を続けてこられたのだと思います。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.1 兆円

業績