新着Pick
324Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
このまま何もしなければ日本は貧しく老いていく国になるしかありません。
私はフィリピンのセブ島にいますが、まだ日本にあこがれている人がいる間に何とかしないと大変なことになります。
アジア唯一の先進国として日本が輝いていたのは過去の話です。今、アジアの発展している国との差は殆どありません。
日本の国力が落ちて円安になれば、観光客は増えます。しかし、日本で働こうと思う優秀な人は来なくなります。
このまま斜陽の国になるのか、もう一度、日が昇る国になるのか、分かれ目にいると思います。
『外国人労働者にも所得税や住民税の負担義務がある中で、永住権を付与すれば、遠からず彼らの政治参加の議論に火が付くだろう。』

ザ・滑りやすい坂論です。前者と後者は必ずしも関係があることに限りません。政治参加したければ帰化すりゃいいので今と何も変わりません。

そして、国民の理解は必要のようなことが書いてあります。これは大賛成します。しかし、そもそも多くの国民は投票しないので、単純に興味ないのでは?

結局、言おうとしていらことは分かります。

母国フランスでは、宗教や生活、習慣を問わず外国人労働者を受け入れて(僕の地域とかは、当時は鉱夫が足りなかった)、今に至る…
と思いますが、相関関係は因果関係を合意しません。

問題は移民ではなく、高学歴ではない方を受け入れることです(つまり、安い人材)。これで貧困層がただ拡大するだけで、貧困層が拡大すると治安が悪くなるの間違いません。

因みに、高学歴の方も犯罪をしますけど、ニュースの扱いが違います。ホワイトカラー犯罪と言います。
とりあえず規制を緩和すればその分外国人が働きたくなる、という前提については色々議論が必要かもしれません。外国人にも職を選ぶ権利があるので・・・好況の時は人が採れても不況になれば果たして・・・という側面はあろうかと思います。
安倍政権の思想と「外国人労働者受け入れ」とは整合しないので、結局掛け声倒れか、「外国人労働者」のあら探しに終わり、「外国人労働者」排斥論に火をつけるだけだ、と思う。

日本が、外国でどのように評価されているかに無知な政治家や官僚の作文。低賃金で人権侵害、閉鎖的な国に来たいと思う人はいない。来ざるを得ない人しか来ない。
わかりやすいも何も受け入れなきゃ人手が足りないのだから当たり前でしょう?別に誰が政権取っても変わらない事実です。他の国に比して安全で住みやすい環境はもっと評価しても良いでしょう。
高付加価値の先端部分は、どんどん国外に出してしまい、国内には観光立国などサービス業中心の劣化したエコノミーと、何も生まない「日本語の事務仕事」しか残らない、そのような産業構造になれば、より低賃金の労働者が必要になる、要するに完全に負のスパイラルですね。
社会的あつれきを生みやすい外国人受け入れを進めるには、段階を踏んで徐々に行うことが必要だと思います。
日本語をまったく使用せずとも、仕事も生活も母国以上の環境にしないと、良質な外国人労働者は日本に来ない。
習得するのがとても難しく、それでいて汎用性のまったくない他国語など、別のスキルがあるなら、私はけっして学ぼうとは思わないだろう。
既に安倍政権は歴代の中でもっとも外国人を受け入れた政権の一つですね。おそらく百済滅亡後に渡来人を大量に受け入れた天智朝以来。
ドメスティック議論は、外国人労働者受け入れの前に生産性向上、ですが働き方改革関連の法案一つ通すのにあれだけの労力がかかった。なので結果がすぐ見えかつ供給豊富の政策を講じる。しかもこっちの方が流れ的に早い(生産性革命はグラジュアルチェンジなので)ので労働市場を指数化した際にも分かりやすいというメリットが。