新着Pick
453Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンビニ業界についての泉記者の記事ならばコメントしないわけにはいきません。
フランチャィズ企業やチェーン量販店によって「産業化」が進み、手軽に美味しいスイーツが市井に生きる人々に行き渡る過程では、中小企業の淘汰は不可避です。
先日話題になった実験段階のビールのちょい飲みとかコンビニコーヒーの恩恵は、そうした整理淘汰の産物です。

問題があるとすれば、そうした「産業化」の結果として社会全体で雇用減少、イノベーションの停滞、デフレ経済を招くようなケースですが、記事にあるような倒産した老舗メーカーを大手メーカーが吸収するような健全な動きがある限りおいては、「市場の失敗」の懸念には当たらないように思います。
本記事の編集・校正を担当しました。昨年底打ちしたかに見えた企業倒産は今年に入り、一転して減少基調が続いています。そうしたなかで引き続き高水準の件数となっているのが小売業の倒産です。今回の「こうして企業は倒産する」は、そんな小売業の中から、菓子小売にスポットを当てた産業トレンドをお届けします!
食品業界を語る上で欠かせないのが、コンビニのPB問題です。コンビニの限られた棚を獲得したいメーカーからすれば、PB製造を請け負いたい反面、自社NB商品との差別化に困って葛藤するケースがほとんどです。

特にセブンイレブンの場合は、各メーカーのNo1技術を組み合わせて商品を作ることもあり、NBメーカーからすれば、メーカー1社だけでは作れないようなハイレベルな商品をセブンが作ってしまうケースも。

また、商品を完全PBの「セブンピレミアム」にするか、それとも共同開発の「セブン限定商品」にするかで、メーカーとのシビアな交渉が発生します。セブンコーヒーが完全PBなのに対して、今週急遽、販売中止になったセブンの「100円ビール」は、キリンの「一番搾り」ブランドでの提供が予定されていたことからも、こうした微妙な交渉が日々繰り広げられていることがわかります。
洋菓子の中にも規模が効きやすいものとそうでないものがあります。
規模が効く代表選手はシュークリームやロールケーキで、ほとんど人手を使わずライン生産ができて、原材料もシンプルなのでボリュームディスカウントを効かせやすい。特にシュークリームはだいたい空気なので(笑)粗利率の点でも優秀です。少し前に話題になったチーズタルトのBAKEもたぶん似た構造と推測します。

コンビニやスーパーの棚を見てみると、シュークリームやロールケーキなど、小麦粉とクリームでできている商品が多いことに気づくと思います。カップスイーツはそれらよりも少し手間はかかりますが、やっぱり材料はシンプルなものが多いです。こういう商品を大量生産してチャネルを押さえブランドを付けて売る人たちに街のケーキ屋さんが真っ向勝負するのはやはり大変に見えます。

一方でショートケーキなどは機械で大量生産はどうしても難しいです。にもかかわらず、人手を使って生産しチャネル押さえ力のパワープレイで勝負しているのが山パンさんで、王者にしか取れない戦略としてすごいなと思っています。
一口に「菓子業界」といっても色々な企業が混ざってますよね。各地方で根をはって安定的に稼げているような和菓子屋/洋菓子屋は意外とあって、事業承継がらみでファンドさんなどと話を進めていて相談がある、というケースがぽつぽつあります。一方で、コンビニや量販の棚を取り合っているような会社は、よほど強いブランドがないとなかなか厳しい時代になっているのは間違いないですね。ほぼ同等商品をPBにして安く並べる、というのが常態化してますので。菓子大手でも流通との力関係は弱い所なので、中小はなおさら。今後も淘汰は進んでいくでしょう
味という意味ではもうコンビニでも十分に美味しいです。街の洋菓子、和菓子店で商品を買うとすればブランドがあるかどうかではないでしょうか。ブランドは1日でつくれるようなものではなく、ある程度の時間が必要です。ただ、今はスピードが速すぎてブランドをつくる前に倒れてしまうというリスクが大きいですね。
ジェネリック菓子とか脅威でしかないよね
mikiさんのコメント、興味深い!
毎日コンビニパトロールしてると毎日新商品が出て、その度にクオリティーも進化してる。数年前はプリンやシュークリームばっかりだったチルドデザートの棚が大きくなってて、和洋問わない生菓子や焼菓子の品揃えは町場のケーキ屋と大差ないレベルにまでなってます。
コンビニスイーツやPBの恩恵があるとすれば、これまで日常的にお菓子を口にしなかった層も、その機会が増えているということではないでしょうか。コンビニコーヒーのついで買いで、ちょっも甘いものを買う。そんなビジネスマンも増えていると思います。

うちの近所にもお菓子屋さん沢山ありますが、お洒落なお店は賑わっている印象があります。
また相対的に洋菓子は元気ですが、和菓子がふるわない様にも感じます。記事にもありますが、売上が低迷し、経営者が高齢化し、店舗の刷新など設備投資にお金がかけられないと負のスパイラルに陥ってしまう気がします。
伝統の味、懐かしい味、手作りのあたたかい味はコンビニスイーツとはやはり異なる魅力があります。何とか上手い方法があればと思うのですが。
お祭りの時は行列が出来ているので、みんな食べたいのは間違いないかと。駐車場など心配せず、お店に行くことがかっこいいになれば変わる気がします。
洋菓子店にとってはコンビニが脅威であることは間違えない。

地域の洋菓子店がコンビニと勝負するのは無謀なので、
・高価格帯の特別感溢れる商品企画
・PRで認知を高めつつ限定性を出す
・料理教室やカフェなどビジネスモデルを工夫
といった対策が必要かなと考えています。
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。