新着Pick
927Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
堀江さんのあぶく銭理論、面白い。
暗号通過ブームはまさにあぶく銭がその源泉でした。ビットコインで儲けた人がイーサリアムを、それで儲けた人が別のオルタナティブコインを買ったりICOに参加して、雪だるま式に一気にマーケットが形成されました。

それとの類似性を堀江さんはebayやメルカリで説明しています。寝ているモノを売って無から有を産んだようなお金は、可処分性が高い、つまり無くなっても困らないので投資や消費に向きやすい、と。

しかしその文脈であぶく銭理論により合致する過去事例はebayもそうだが、オンライン証券やFXでしょう。
ただし問題はブームはいつかは冷める宿命にあるということ、何かの拍子に振り子が逆に触れたらそこで終わり、そこからはあまり広がりを持たないか、持ってもゆっくりである。

ともかくそれら含めて、お金が変わったか?というとYes and Noでしょう。
お金の状態が、銀行口座に眠っていて役立たずなモノから、証券や外貨やトークンという媒体で価値貯蔵し、かつその流動性も高い状態に、それらのマネー革命を経て変わった事は事実です。
しかしNoというのは、あくまで現段階ではそれらは「お金」、ではなくて投資対象であるという事。お金の機能である価値貯蔵くらいまではなんとかたどり着きつつあるが、価値尺度と流通の機能はまだ果たしてないので、お金とは呼べない。

ではいつ、どのようにそうなるか。
答えは簡単で、国民国家がいつどう決めるか、これに尽きるでしょう。
この対談面白い!特に堀江さんの「あぶく銭」のくだりは。確かにな〜 わざわざ購入しにいくだど、気軽に使えない。多くの仮想通貨がクリプトアセットと呼ばれてる現実をみてもそう。もっと気軽に気がついたら手にしている。そういった状況をどう作り出すかが普及のカギ。


それはまだわかんないですね。だけど、鍵になるのは「あぶく銭」だと思います。「あぶく銭」を仮想通貨に置き換えるようなサービスは成立し得るんじゃないかと。

だから「あぶく銭」が仮想通貨で手に入ったら、人はもっと気軽に仮想通貨を使い始めるはずなんですよ。
そうだなあ。これから使われそうなアプリを作る小規模のエンジニア集団会社を作って日本交通みたいな会社にバイアウトって良さげ。メルマガネタにしよう
本題とは関係ありませんが、タクシーのアプリ開発について話が出ているので補足しておくと、アプリの「全国タクシー」とその前身の日本交通のタクシー配車アプリは現クラウドポートのファウンダー・柴田陽のスタートアップが開発したものです。もともと買収前提の設立だったのでしょうが。
エンジニアへの魅力付けが難しいレガシーな会社がシステムを開発する方法としては良い手法なのでしょうね。
新しいお金はどうやって社会に深く根付いていくのか。そのトリガーがあぶく銭のように存在するトークンだと言う指摘は、実は説得力があります。ポイントなどは、たしかに気兼ねなく消費してる感覚があるので。爆発的に仮想通貨が、現実世界の通貨として流通する日はまだ想像できませが、記事内であるように「ある日」突然に始まるのかもしれません。

一方、少し違和感があるのはタクシー会社に優秀なエンジニアは来ないと言う指摘。タクシーというより広義の移動データには、途方も無いポテンシャルがあり、だからUberやトヨタの自動運転研究機関に、1000人単位のトップレベルのソフトウェアエンジニアが集まる訳です。

仮想通貨もタクシーも、テクノロジーが既存の社会インフラに決定的な影響を与えるという点が、多くの人の好奇心や注目を集めるのでしょう。
アリペイがすでに答えを出しているような気はしますが、そもそもアリペイもwe chat payの中に溜まっている「もの」は一種のトークン/ポイントな訳で、中国法定義上の仮想通貨(ゲームのコインも)です。

決済をQRで簡単にすることによって一気に広め、そしてそれを使って簡単に投資をできるようにしたことによって更に広まっているわけです。

なので、
・便利な決済という強力なキラーコンテンツ
・投資などのあぶく銭が絡むコンテンツ
の2つが揃うのがキモかなと。

we chatはお年玉というあぶく銭で広がり、その後決済に使われるようになったので、順番は逆でもいい(ただしチャットアプリのようなユーザが多いものが媒体として必要)のだと思います。
仮想(暗号)通貨の将来について考えるとき、自分の知識不足も多分にあって具体的なイメージがまだ描けないのですが、小川氏の以下のコメントが現在の私の考えに最も近いように感じます。「お金」として機能する/しはじめていることに異論はないのですが、対法定通貨・対物/サービスの相対価値不安定性ゆえ、「通貨」として機能し、普及するとはなかなか腹落ちできないのです。

(Quote)
「ただ、「通貨」と「お金」は微妙に違いますよね。例えば証券って、お金の一部じゃないですか。企業買収でも使えちゃうわけですし。でも証券が通貨なのかというと、疑問です。通貨の要素の一つに、「みんなが日常で使う」ということがあると思うのですが、そのためには通貨そのものが安定している必要があります。でも、今の仮想通貨はどうでしょうか。これから価値は上がっていくでしょうけど、安定性を考えると「通貨」にはならないんじゃないかと僕は思っています。イーサリアムやビットコインを持っている人は、この場にも多いと思うんですが、それを日常的に使いたいという人はほとんどいないでしょう。投資として買っているだけで、「通貨」として見ていない。トレーディングでいくら流動性があがっていても、現実世界での流動性はとても低いんですよ。コンビニエンスストアや飲食店で使わないですからね。だから、仮想通貨が本物の「通貨」になり得るのか、僕は疑問です。」
(Unquote)

一方、今後あらゆる社会はコミュニティ化が更に進んでいくと考えており、そのなかでトークンエコノミーが発展していくという堀江氏の考えについては、もちろん堀江氏ほど深いレベルで具体的に描き切れてないですが、同じ方向性のイメージを持っています。
また、そのきっかけのひとつが「あぶく銭」ということ同意です。以前経営していた会社でクレジットカードポイントを投資運用するという「ポイント運用サービス」の運営に携わっていたのですが、「おまけ」として得たポイントであれば投資運用にまわす利用者の心理的ハードルが非常に低いということを実感しました。
それが合っているのかどうかは未来にならなければわからないので置いておくとして、こうして未来を見通す力、未来を語る力のある人は人を惹きつけるのだなと思いました。

相変わらず僕は仮想通貨まわりのことがよくわからなし、何が本当のところすごいのかもピンときませんが、こういうテクノロジーを使って自分では想像もつかなった世界がくるんだろうなくらいんのことは予想がつきます。

どんなふうにお金が変わっていくのか楽しみです。
エンジニアの問題は、元セブンの鈴木さんが「アマゾンエフェクト」で指摘していたように、日本では外注が多く、要はSIer依存になっていることの要因も大きいですね。そういう意味ではSIerさんがしっかり進化してくれるのが一つの可能性ですがなかなかそうはならない。お金を払える企業がどんどん内製化していくか、イケてるエンジニア集団のSIerが生まれていくか。日本型の進化が必要です
本質的な課題。テクノロジードリブンのスタートアップがバンバン出てくる事が大事というのが腹落ちした。

日本の優秀なエンジニアがタクシー業界にわざわざ就職するわけないよなって単純に思います。UBERはスタートアップのかっこいい会社というブランディングがなされているから、エンジニアも興味を持ちます。
だけど、例えばGoogleと日本交通どっちに入社したい?って聞かれたら、日本交通を選ぶ人は正直ほとんどいないように思うんです。
IT以外の業界だと、エンジニアってただの作業者のコマとして扱われがちですし、魅力的に見えません。
だから今の日本のタクシー業界のテクノロジーが進まないのもやむを得ないんでしょうね。