新着Pick
552Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
京都の本質は内と外の二元性であり、「粋=いき」というのは、芸者と客との男女関係に見いだされる理想的な態度、すなわち「お互いにぎりぎりまで近づくものの、決して合一することなく、一定の距離を置いた関係を保つという二元性の思想」であると。

外国人からすると障子とか不思議(光は通すけど視線は通さない)だと思うし、縁側とかも新しくて(敷地にとっては内だけど住居にとっては外)、そういう二元的で中間領域的なものって、面白い。

日本の都市空間における「奥」という概念(「奥」って英語に訳しにくいですよね。てか訳せない?)を見出したのは建築家の槇さんでしたが、「粋」という概念も日本の特徴的な概念として納得。

本文を読むと、「粋」とは二元性であり、一見ミスマッチだけど意外な組み合わせであり、京都とハイテクな組み合わせはそういう意味で「粋」なのである、という論調で、ちょっと短絡的な印象もありますが、まぁでも「粋なハイテク」というのはちょっと思考実験的には面白そう
今回のテーマは京都とテクノロジー。

様々な二元論で語れる街ですが、
長い歴史と最先端の同居、というコントラストが
たまりません。

この春に、京都リサーチパークに伺いましたが
元々は貴族の邸宅のあった場所だそうです。

西陣織の工場跡に設けたロボット会社、
テムザックさんの研究所にも伺いましたが
外観はもとより、内観も二元論的で…!
ロボットで作られた甲冑が
綺麗な屏風の前に展示されていたり。
伝統と最先端の融合が、最高に粋でした。
京都出身ですが。「粋(いき)」は確かに芸者遊びを起源としていますが京都五花街ではなく、深川芸者か何かを対象としていた気がします。タイミングも江戸時代で、どちらかというと江戸文化だった気が。

ちなみに京都人に「イキってる」と言われたら「調子に乗ってる」という意味です。「粋だね」と言われている訳ではないので悪しからずw
学生時代を京都で過ごしました。
美味しいパンやコーヒーの店が多く、思っていたほど和っぽくないなというのが第一印象でした。建物も意識して見てみると、かなりの数の古い洋館があります。

京都にはあらゆる文化を許容する懐の広さがあります。
少々風変わりなことをしていても「おもろいやん」で片付けてくれるので、新しいことを始めるのには確かに向いているかもしれません。

むしろあれですね、「あいつ賢い」、というのは、精々既存の尺度で測れる程度のモン、という意味で実はほとんど褒めてなくて、「あいつオモロイ」=予想を超えている、と言われてようやく真に褒められたことになるようなので、少々どころかかなり風変わりなことをやりたい人こそ京都が向いているように思います。


(補足)
京都観光情報は
あさのゆきこ先生の漫画「はんなりギロリの頼子さん」をオススメてしておきます。
伝統と最新技術、日本人と外国人など色んなものが入り混じって面白い街になっているってことかー。
これは地方でもこういうのを真似ることができるんじゃないかなー。
堀場製作所の堀場さんがよく言ってますが、京都だと「おもろい」がほめ言葉。独自性がないと、相手にされないところがあります。商工都市としての性格も強いです。
オムロン株式会社(英語: OMRON Corporation)は、京都府京都市に本社を置く、日本の大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.99 兆円

業績

京セラ株式会社(きょうセラ)は、京都市伏見区に本社を置く電子部品、ファインセラミック部品、半導体部品、情報機器、通信機器、太陽電池、セラミック、宝飾、医療用製品などを製造する大手電子部品・電気機器メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.58 兆円

業績