新着Pick
1069Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
前々職リンクアンドモチベーション時代の同僚で、数年前に創業された染谷さんの記事。サービス業の経営と現場の両方に精通される染谷さんだからこそできるビジネス。応援シェア!

——引用
アプリの個人IDには、その人のスキルレベルや、同僚やお客さまからの評価といったデータが蓄積されていきます。我々のソリューションを導入する企業が増えれば、それがフェアな職務経歴書のような役割を果たすようになります。
サービス業で最も大事なのは人間性ですが、それは経歴書からは見えない。しかし、このIDを持ってサービス業界の中を行き来できれば、人間性やこれまでの知識や経験が評価され、時給やボーナス、等級として反映されていきます。
人気 Picker
製造業の生産性はこの20年程度で実に2倍になっています。またその分、雇用は3割ほど減っています。(米国労務局統計より)今後更にこのトレンドはFA、ロボティクス、AI等でエクスポネンシャルに進みます。

対して、サービス産業の生産性はほとんど向上していません。業務プロセスの定量化とテクノロジによる代替が製造業に比べて困難性が高いです。

それに真っ向から取り組む会社との事、大変大きな期待が持たれます。国内のみならずアジアにも世界にも膨大な市場、効率化フロンティアがある分野です。
サービス業の生産性革命はとても重要だけど、なかなか手段がない。そのなかで、ナレッジマーチャントワークスの染谷さんの挑戦は面白いですね。
これから大切なのは、「テクノロジー」と「人間」の双方をわかって、しかも形にできる能力。染谷社長の緻密な思考をみると、「現場」をトータルに経験できるかどうかが、圧倒的に重要であることがわかる。
飲食の給仕など対面顧客サービスや、介護サービス、
ホテルのルームキーパーなど、対人顧客サービスは、
サービス内容の度合いにもよりますが、
ベイシックなチップもらった方が良いかと。
追加の心付けは、個々の気持ちや懐具合で。
色々、税金の問題がありますか??