新着Pick
182Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かに米国と北朝鮮の指導者が会談を行うということだけでも歴史的な出来事だ。そして、1953年の休戦協定締結のあと65年間、朝鮮半島での紛争は抑止されてきたので、米朝が終戦宣言をすることも難しいことではない。非核化は北朝鮮も金日成主席時代から北朝鮮が主張してきた。「米国が韓国への核の傘をたたむこと」との意味ではあるが。抽象的な表現で「非核化」を約束することは米朝にとって簡単だ。具体的なロードマップの作成となるととたんに利害が衝突する。その調整に手間取ってきた。この部分は継続協議となるのだろう。今日までの両国の発言、動き、報道ぶりを見ていると、米朝協議決裂ということは考えにくい。
 ついに行われる、史上初の米朝首脳会談。
 トランプも金正恩も規格外の指導者だけに会談の結果は予断を許しませんが、気になるのがまず冒頭でトランプと金正恩が、側近不在で通訳だけを入れて2人だけで話し合う時間が設けられること。米朝首脳会談に向けて「私に準備など必要ない、重要なのは態度だ」と、トランプは発言していますが、本当に側近がいない中で会談が一部行われるとなると、金正恩に有利な口約束をしないか、一抹の不安を感じます。
 一方、つい最近まで米朝首脳会談が実現するとは誰も想像できなかったのも事実。トランプに批判的で首脳会談に悲観的な見通しをする専門家も、「もしかしたら、私たちが間違っているのかもしれない」と言います。
 重要なのは、合意が生まれることだけではなく、実行可能な合意であることは言うまでもありません。
欧米日本では北朝鮮をならず者国家と言っている。
その国のとんでもない独裁者がこんなに注目して報道するなんかとても理解できない。
何が成功なのかもわからない。
北朝鮮の核放棄か、国際社会に復帰か、独裁政権の崩壊のはじまりか、
わからない。
北朝鮮の人口は台湾よりちょっとだけ多いぐらいで、大きなマーケットでもないし、労働力が安い以外に、取り上げるものはほとんどない。
なのにこんなに世界に注目される。虎の威をかりただけではないか。
日本時間きょう10時から実施される史上初の米朝首脳会談。まずは通訳を交え、両首脳だけによる会談、その後、閣僚を加えての会談、昼食となる予定。
事前交渉がうまく進んでいるのか、昨日のポンペオ国務長官の会見、金正恩の夜の観光と少しムードが緩くなってきているようにも感じます。
一体どのような内容が出てくるのか、世界が最も注目する1日を注視したい。
たとえ実効性のある合意が出来ないにしても、米朝首脳会談の実現さえ誰も想定していなかった。
大きな歴史転換の第一歩となることを期待したい。
最初の見どころは、握手の秒数だとか・・安倍首相のときは、トランプは19秒間手を握り続けた。この19秒が一つの目安。くだらないが、トップの一挙手一投足は全て何らかの意味を込めるのが外交。そして金正恩はトランプよりも先に握手した右手に左手を添えるかどうか。色々と見どころは多い。
ここまで放映回数が増えると何故か二人が世界の中心であるかの様な錯覚が生じてくる。
過去のやってきたことが悪いことも良いことも超越してしまう
報道に危機感を覚える。
大きな歴史的一歩となるか…ヒトラーとチェンバレンのミュンヘン会談のような悲劇を先送りする茶番にならないことを祈ります。

金正日と金大中の首脳会談、小泉首相との日朝首脳会談の後のことを考えると楽観は禁物。
国も組織も人も、大きな外圧がない限り急激に変わるということはあまり期待できないです。
いよいよ今日です。会談は日本時間10時(現地時間9時)からの予定です。昨日、ポンペオ国務長官は事前交渉が予想以上に速やかに進展したと報じられましたが、本記事では期待値は低いと論じています。さて、どちらとなるでしょうか。
ちょこちょこSNS合戦やらずにAmebaTVあたりでライブストリーミングやってくれれば良いのに、と思ってしまいます。
しかしSNS合戦だと北朝鮮の分が悪いかもしれませんね。

と冗談はさておき、ポジティブな結果を期待しております。