新着Pick
81Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
サッカーを通じて得られるものに喜びを感じる、というコメントにとても共感を覚えました。
サッカーに限らず、スポーツは自己の成長や身につけるべき考え方を体得できるツールでもあり、そこがスポーツの本質的な価値の一つなんだと思います。
個人的には鈴木選手のような人が将来指導者としても日本のサッカー界を引っ張っていってくれるといいだろうなと思ってしまいます。
いよいよ明日。精一杯応援を楽しもうと思います!
W杯特集最後は、今大会の日本代表候補だった鈴木大輔選手によるコラム。書きにくいテーマをお願いしてしまいましたが、選ばれなかった選手の視点を知ることで、ピッチの戦いが奥深く見えてきます。
柴崎も同じことを言っていた。ワールドカップがすべてじゃないと。
大事な大会に全力で挑みつつも、サッカー人生は続くという意味合いですね。
”日本人には追い込まれた時にこそ力を発揮する血が流れていると思っていて、それが“侍魂”なのではないかと思っています...“侍魂”が発揮される条件が整っている今回のW杯では、強固な団結を生み、勝ち進んでくれるのではないかと感じています。"
昨日の試合は、まさにこれだったのではないでしょうか。

鈴木さんの記事は、今こそみんなに読んでいただきたいですね。
選ばれていない自分が論じてしまい恐縮...とお書きになっていらっしゃいますが、鈴木さんのスタンスを目にして、日本代表の未来が明るいことがみんなに伝わって元気の湧く記事です。
いよいよ今夜か。期待されてないからこそ、開き直れる。
確かに状況は、ロンドン五輪と似ている。
マインドセットがさすが、いつも素晴らしいです。
鈴木選手が仰る通り、ネガティブな世間の声が、選手たちを一つにしている気がします。
この連載について
6大会連続でW杯に出場するサッカー日本代表。本大会直前で監督交代劇が勃発するなど、この4年間、チームづくりは決してうまく進まなかった。日本代表は世界とどれくらい距離があるのか。「奇跡」を起こすにはどうすればいいのか。元代表選手や識者とともに掘り下げる。