新着Pick
426Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コミュニティ作りにおいてオンラインサロンはまだ一つの解にすぎない。だからそれぞれの意見を聞くのは楽しいし勉強になる。
ファンクラブ型(1対n)とコミュニティ型(n対n)では、どちらにも強み、弱みがあります。

ファンクラブ型:
強みはなんといっても、圧倒的な1人のカリスマで多くの人を動かすことができてしまうこと。そして、弱みはそのカリスマの能力に頼り切ってしまうこと。カリスマが倒れた瞬間にコミュニティは崩壊してしまいます。

コミュニティ型:
強みは誰かがいなくても継続できること。弱みはコミュニティが暴走したときに歯止めがきかなくなること。

どちらが優れているということではなく、どちらの強みを活かせるようにしていけばいいわけですよね。

例えば、ファンクラブ型であれば象徴となる理念などをつくることでコミュニティ型の強みをインストールすることができます。逆にコミュニティ型ではグループの価値観を強烈に体現した目立つ人を複数つくることでファンクラブ型の強みを取り入れることができます。
コミュニティ活動の「報酬」という話は、直感的には理解しにくいですが、内部では必ず出てくる話です。さらに深く理解されたい方は、昨日「新R25」に掲載されていた以下の記事を読むことをおすすめします。
https://r25.jp/article/549181341780668058
政治やNPOのリーダーと関わることが多いのですが、いずれも多数の支持者が必要な領域ですので、コミュニティについて関心が出てきています。
リーダーには内向きではなく社会に対峙し続けて欲しいものですから、支える組織はどうあるべきか、頭を悩ませます。
とても興味深く読ませてもらった特集。「大量の情報と広いネットワーク」が前提となった世界において、「狭いコミュニティでの深い体験」が高い価値をもつ時代。ポストインターネット時代における個人の価値観形成。

「インターネットは集権型と分散型を繰り返す」という時代的な(=時間的な)変化もたしかにそうですが、個人がパブリック・オープンとプライベート・クローズドを使い分ける(=空間的な)すみわけというのも重要かと。

1:nでリーダー主導のファンクラブはその熱量がエンジンとなる短距離型。n対nでリーダー不在のコミュニティは安心感がドライバーとなる長距離型。どう考えても後者の方が持続性はある。

でも、どちらか受容できないというよりは、人のプライバシー空間のポートフォリオみたいなもので、リビングは大事だけど個室は必要、みたいな形で、ファンクラブとコミュニティは一人の個人の中でも両立しうる(=ゆらぎながら共存する)ものだと思う。

家でもオフィスでもない「第3の場所」をつくったStarbucksではないですが、こういう二項対立的なコンセプトを超える新しいカタチがまた生まれてくるのかもしれませんね。
会社というのは収入を生み出す一種のプラットフォームであり、それだけが、これまで機能してきた。会社と並行して、もっと弱いつながりのコミュニティが次代のプラットフォームになり、そこで新たなビジネスが生まれてくる可能性がある。
コミュニティには、収入を生み出すものと生み出さないものと共存しているということ。逆にビジネス的なものは副次的なものという考え方でないと、コミュニティの価値を見誤る。
具体的に考えると、皆で話し合っていくうちに何かが形になってくる。それをまとめたものを本にして印税を分け合うといった副業も成り立つわけだ。

会社はストリクトで内と外の区分がはっきりしている。コミュニティはその逆であいまい。
そこに価値もあるし、思い違いも発生する。
これからも仮説検証の繰り返しだが、コミュニティは千差万別であっていいと思う。
ファンクラブとコミュニティの違いが明確に語られているが、その中間というのもあるだろう。私が手伝っているTHECOOはfaniconというファンクラブコミュニティを提供しているが、リーダー(アイコンと呼ぶ)不在でもファン同士で世界を作っていることもある。

前田氏のファンビジネス4現象はファンビジネスを考える上で役に立つ。今後、ファンビジネス/コミュニティビジネスは増加するが、その際はどこを対象にしているのか、この図で考えると良い。
このコミュニティ談義、一周回って「株式会社」と似た構造の話になっていてコミュニティというワードを会社に変えてもある程度成立します。
1対Nは機能体型組織、N対Nは共同体型組織に近い。ただし、最大の違いは報酬が「経済的報酬」か「精神的報酬」か。したがって経済的報酬が
保証されてきたらそれはつまり(やりがいのある)仕事(会社)となる可能性が大きいです。
その意味で行くと、コミュニティの定義を以下のようにすると従来の会社・仕事とは明確な違いが生まれるので大きな示唆だと思います。

つまり、コミュニティは個の力を強くするための、修行の場所。コミュニティが組織単位で責任をもつやり方では、成り立ちません。
なるほど。

記事:
リーダーの稼働がめちゃくちゃとられるので、とにかくよく動き働くリーダーの存在が必須です。なので、人を選びますね(笑)。
実は、西野さんのオンラインサロンの会員です。えへへ。

ファンクラブ型とコミュニティ型の対比は非常に分かりやすかった。
完全に、西野さんのオンラインサロンは、ファンクラブ型。
この型の問題は、そこそこの割合で、「ただの西野ファン」もいて、それこそ、「問い」を作るのが西野さんは物凄くうまいと感じるのだけど、それでも、「問い」じゃなくて「西野さん」を見ているなあ、という人がいるので、別に僕は西野ファンではないから、なんだかなあ、という気持ちになる。


それでも、サロンのメンバーをやめていないのは、1つの新しいリーダーの形がみれる、という期待と満足があるから。
「〇〇したいから、なんとかしてくれ!」「△△になってしまった、助けて!」とか、いい感じでメンバーのアクションを促している。内発的動機ってこうやって高めるんだな、という勉強になります。
この連載について
ファンの熱量を高め、グループを作り、持続的な収益に繋げる「コミュニティビジネス」。多くの現代人が孤独を感じるなかで、その存在感を強めている。コミュニティビジネスが成功する企業とそうでない企業の境界線はどこにあるのか。コミュニティはいかにして、現代人の孤独を癒しているのか。企業や個人の実践例を取り上げながら、現代におけるコミュニティビジネスの意味について考える。