• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【新】さらば“興行主義“。これからの「映画」の話をしよう

NewsPicks編集部
672
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 大高 健志
    MOTION GALLERY代表 シモキタ-エキマエ-シネマ『K2』 さいたま国際芸術祭2020キュレーター 映画プロデューサー

    2011年に日本でのクラウドファンディングの先駆けとして、
    MOTIONGALLERYを立ち上げ、昨年からは誰もがポップアップな映画館を作れるプラットフォームpopcornをスタートしました。

    映画やアートや音楽や演劇などのクリエィティブ領域に、自ら上映会を企画したりクラウドファンディングで制作過程に参加したり出来る「余白」をインターネットの力で生み出して行く事で、みんながクリエイターとなり社会全体で多様な文化を生み出して行ければと思って日々活動しています。
    現代アーティストのヨーゼフボイスの社会彫刻の概念をサービスで体現して行きたいと考えているので、クリエィティブの定義は広く、ローカルでのリノベーションなどのソーシャルデザインの活動も、MOTIONGALLERYとpopcornでコミットしています。

    現代は可処分時間の奪い合いではありますが、
    逆に強制的にオフラインに成らざるを得ない場所は貴重だし、そこで見る映画や演劇やアートから得られる思考への示唆や、自分自身の社会の解像度を上げる機会はとても重要だと思ってます。是非もっともっと多くのひとに足を運んでもらいたいです!

    序でに、深田監督や濱口監督を始め、素晴らしいアーティストがMOTIONGALLERYに集っています。まだ一般的には無名でも、次の深田濱口になり得るプロジェクトが日々沢山上がっているので、新時代のクリエィティブにいち早くコミットできる場所だと思います。表現活動だけでなく、パーマカルチャーやクラフトビールなどオルタナティブなライフスタイルに纏わるプロジェクトもメジャーになる前にトライされていたり、社会のセンサーにもなって来ているかなと。是非見てみてください!


    ちなみに、よく突っ込まれるこのサムネイルは、
    三十三間堂プロジェクトというアートプロジェクトの作品です!みんなで集まって菩薩になろうというファンキーなプロジェクトを広めるために、オフィシャルでも使ってますw


  • 冨岡 久美子
    NewsPicks 記者

    今日から3本に渡って、映画をはじめとする芸術とお金の話を掲載します。
    今までなんとなく、知っていた映画業界の裏の話も色々出てきて、本当にショックでした。

    今回話をお聞きしたモーションギャラリー の大高社長は、経営コンサルでの経験と、映画製作の経験、ビジネスと芸術、左脳と右脳の両方の考え方ができる稀有な存在です。

    カンヌ熱に湧く今だからこそ、改めて映画、芸術に目を向けてもらえるきっかけになればと思います。


  • 堀江 貴文
    badge
    Interstellar Technologies K.K. Founder

    資金調達の問題ではなくて映画館の問題よ。ドリパスもヴァージンシネマズもTOHOが巻き取った。日本の根深い問題さ。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか