新着Pick
1038Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
羽生永世七冠に語ってもらった、天才や才能についての本音トーク。「人と違う才能を持っていても、それを発揮する場所がないと、だんだんと「普通の人」になっていきます」という言葉が、胸を突きます。

将棋や囲碁などの世界は、人工知能のテクノロジーの進化によって、その転換点に直面しています。人のクリエイティビティとは、一体何なのか。人の才能とは、どうやって花開くのか。一つ一つ、考えさせられます。

ちなみに孫さんの「天才工場」のメンバーが使える施設には、将棋の碁盤があるんです。育英財団評議員の羽生さんがぶらっと立ち寄った時に、これを使って、将棋の神様と対局することができたラッキーな子もいるのかもしれません。
神童が「普通の人」になる現象はスポーツの世界でもあります。今いるプロ選手は子供の頃、誰もがスーパースターでした。

「自分は無敵の存在で、打つシュートは全て入る。入らなかったとしても自分が外して負けたのなら仕方ない。とにかくボールを俺によこせ。」

中学校のエースとかだと、そういうメンタリティの選手がほとんどです。だから本当にシュートもよく入る。

しかし年代が上がるにつれて周囲のレベルが上がり、そのメンタリティは消えていく。昔の方がシュート入ってたよね?と。これを「魔法が解けた」とか「牙を抜かれた」とか表現します。世界のトップに立つようなスーパースターは、いつまでも魔法が解けない。

天才を見つけたら、中途半端なコーチングは逆効果。周囲は魔法が解けないような環境を用意するだけですね。
印象的だったのが、突き抜けた才能は「国籍も意識していないのではないでしょうか。日本が勝つとかではなく、単に真理を探求したいのだと思います」という言葉。グローバルテック企業やその創業者が人類全体の知の向上を主導していきそう
"ただそうした人材は、もはや国籍も意識していないのではないでしょうか。日本が勝つとかではなく、単に真理を探求したいのだと思います。"
色んな分野で日本が勝つ、負ける、というのはそろそろやめたいですね。まず、そもそも勝ち負けの定義が分からないのと、教育に関する分野は国に任せたら伸びないし、面倒も見てもらえないので、自分でなんとかするしかないでしょう。
まさか羽生さんからふなっしーの話が出てくるとは…端的に「創造」という世界での人間の強さ、数値的に表現できるランダム性ではないレベルをたしかに表している。

「天才」は稀だから「天才」。それゆえに普通の人ができないことができて、普通の人が経験しないことを、悩みも含めて良くも悪くも経験する。そして、稀ゆえに、同じ悩みを持っている方も周囲にいることが少ない(将棋の奨励会は、そういう意味では将棋を軸とした「天才工場」という形で昔から存在していたものともいえる)。
そして稀な才能ゆえに、個として活躍できる、もしくは同じレベルの稀な才能とじゃないと会話が合わないという側面もあるのではないだろうか。逆にそこに合わせようとしていけば、普通にならざるを得ない。
「普通の人」にならずに、かつイキイキと才能を生かしていくという観点で、改めて素晴らしい取り組みだと読んでいて感じる。
知らないから挑戦できるし、ブレークスルーがある。知りすぎると動けない。

iPS細胞の研究を始めるときに、成功確率を考えていたら、99%無理だったと。
そこで確率を重視してやめていたら、大発見にはつながらなかったといいます。
つまり、成功確率がわからないから挑戦できることはたくさんあるはずで、その時は向き不向きよりも、「やりたい」という気持ちにどれほど正直になれるかが重要です。
私の中での「神」にインタビューする機会に恵まれました。実際にお会いした羽生さんは、昔から画面で見ていた通りの方でした。
羽生さん!!!

また、起業家の山内奏人君は、ブロックチェーンのメカニズムについて、私に懇切丁寧に教えてくれました。理解できなかった部分も結構ありましたが、技術の未来に確信を持っていることは、ひしひしと伝わってきました。
”これまでのコンピュータチェスは、最初に評価値で優位な局面を作って、リードを守って勝つという指し方でした。しかしAlphaZeroは、長期的な視野で戦略を打てるようになっている” これはDecision Making としては画期的。どうしても目前の利益に目が奪われがちだが最終的に勝てるのかは恐怖との勝負。アマゾンが利益を出さなくても圧倒的なRevenueをドライバーに拡大しまくって株価あげまくっている。頭おかしいと言われていた方法が実は正しいかったのだけれどなぜ理解されなかったかというのは常識と恐怖という人間の心理が判断を鈍らせたんだろうと思う。
「才能」と「発揮する場所」
天才の能力を見抜くなんていうことは出来ませんが、キャリア支援をしている中で、その方の持ち味が何で、どこで活きるかは日々考えています。単なる成功確率ならばAIが勝るでしょうが、現有能力からの確率論ではない、人の意思や可能性みたいなものを見出したり開発する手伝いがしたいものです。

以下引用
〝AIがいくら発達して、やることの成功確率が事前にわかるようになっても、「君はこれに向いているから、この世界に行きなさい」とコンピュータに言われてしまったら、人間としてなかなかつらい〟
この連載について
孫正義がニッポンに散らばる異才たちを集めて、旧来の教育システムでは育てられなかった、天才たちを生み出そうというプロジェクトが始まった。NewsPicksはそこに集った合計20人以上の天才の卵たちにインタビューし、前代未聞の「天才工場」の舞台裏に迫った。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.3 兆円

業績