新着Pick
434Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
おもろー!一番の学びは、音楽業界に閉じないメンタリティの世代差。「ミレニアル=ポストBECK時代の申し子」。
アーティストとかミュージシャンになる!と聞くと、「漫画BECKの世界に共感した世代」はどうしても「武道館へ!メジャーデビュー!」と連想しちゃうけれど、1億総クリエーター時代の捉え方はそうじゃない。
もっとサラッと、軽いノリで、気軽なツールを使って、ボーダレスに成し遂げちゃう。場への執着もないから、TOKYO行く!すら口にしない。

もしかしたらこれがもっと進むと、「アーティストとしての参加人口」と「世界中からアクセスしてくる視聴者数」の2つの爆発で、音楽業界はもっと統計学的な世界になってくるのかもしれない。そこではコミュニティはそこまで重視されない世界が形成される。Spotifyの挑戦って、そういうことなのだろうか。
ただ一方、音楽はもともとコミュニティビジネスの原点でもある。そういった方向の進化も当然あり得るわけで、それがShowRoomとかYouTubeのコミュニティコンテンツなのかしら。
おおきくこの二本軸で、音楽およびアーティストは成長していくのかも。
グローバルに対してもフラットで、変な気負いを感じさせない、新たな感覚を持った新世代のアーティストたち。

ここで挙がったミュージシャンたちは、今はまだ一般的には知られていない方々が多いですが、やはり底流で、おおきなムーブメントの萌芽が渦巻いていることを確信します。

ここから2、3年での音楽産業の変化は、目が離せません。
10代から20代前半の新しい世代のアーティスト。別に東京にいなくても、いよいよ世界に手が届くしビジネスとして成り立つようになっている。その場合に音楽の場所性ってどうなるんでしょうね。タグとかクラスタとか界隈というのはリアルな場所の代替なのかもしれないですね。
音楽の世界でもインフルエンサーが重要になってきているという話ですね。

結局、
・ほぼすべてのコンテンツがあるPFがまずできる
・その中で、民主主義的な正しいレーティングとリコメンドシステム、そして何よりユーザー同士の交流ができる状況が作り上げられる
という状況が揃うと、
センスがあってアクティブなイノベーター/アーリーアダプターにフォロワーがつき、そこからヒット化していくということなんだと思います。

ゲームや映画みたいな制作コストの高いコンテンツは多少変わるでしょうが、漫画や小説、音楽はこの路線に変わっていく気がします。

そして、情報革命で消費するコンテンツが似てきていることで、世界の若者の嗜好はどんどん似てきている。
そうすると時代を切り取ったいい作品は特に意識しなくても世界でヒットするものになっていく。
そういう時代になってきているのだと思います。
色んな議論が含蓄されていて面白い。

確かに世代の問題ですが、正確にはその世代がネイティブであるところの様々なオンラインプラットフォームの台頭のほうがキーファクターでしょう。
中国・台湾では個人動画キャスティングアプリが大流行りだしユーチューバーは言わずもがな。ソーシャルでのバイラルコストはゼロ。

個のエンパワーメントは今年のキーワードであると色んなところで言っておりますが、その発露はこうしたエンタメや動画コンテンツ等が判り易いが、クラウドソーシング、クラウドファンディング、シェアリングエコノミー等もそうであり、そのうちグローバルティストリビューションのコスト、代替コストが低いものから栄えているというのが実態、とも言えましょう。
「グローバルなんて意識していない」とわざわざ言わないほど意識してないんだろうなとひしひし。だからこそ、自然に世界とつながれる。
国外への壁を感じる私としては、うらやましい。
今すごくボーダレスになってるジャンルでいうと、やっぱりラップです。
特に、女性のラッパーのELLE TERESAちゃんや韓国のJvcki Waiちゃんは、ミレニアルのボーダレス感を体現していますよね。
最近流行っている「トラップ」でもそうですが、リズムも進化していて、SNSに向いてるというか、「どう切り取ってもサビ」みたいで、みんなダンスチャレンジするみたいなノリがあるんですよね。
学者はまだまだですねぇ まず「国内の第一人者」という表現が死語にならないとですねぇ 音楽はコトバの壁がないからなんですかねぇ

ご参考
https://newspicks.com/news/2933305
漫画Beckが「上京して武道館を目指すミュージシャンの物語」という理解で記事も書かれ、コメントもみらますが、むしろ「上京武道館ミュージシャンはダサい」「良い音楽があれば世界中に届く」というのがメインメッセージだと思っていました。Mongolian Chop SquadアプローチはまさしくSpotify的かと。その意味で、Beckは今のコンテキストにも十分にハマる作品だと思います(因みにBeckの映画化は、主人公たちが嫌いなメジャー化を地で行くような展開でしっくりこない、と個人的には思っています。観てないですが)。
面白い。音楽の世界もダブルスタンダードなのか。→「ひとつ身近な例でいくと、恐らくあまり知られていないと思いますが、日本人として、スポティファイのグローバルで、ものすごく聴かれているアーティストがいるんです。畠山地平さんという、アンビエント系のアーティストなんですけど。ただ、日本で畠山地平さんのこと知ってますか?」と聞かれても、ほとんどの人が知らないわけですし、音楽業界人でも、きっと知りません。」