新着Pick
428Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
DHLとAudiやVWなどでサービスが始まっていたが、
アマゾンの本格参入となると、この領域ビジネスが一気に拡大しそう。
ここでのキーファクターは、鍵の開錠・施錠についての個人情報保護。
OEMがどこまでデータとアマゾンと共有するのか。
新車のみならず、既存販売車への対応ではいくつかスタートアップが存在するのだが。
日本でもここに参入したい大手事業者は数多く、実際に意見交換したこともある。
いわゆるクルマ社会のアメリカと違って、日本ではクルマをここまで使うかどうか、やや疑問。
人気 Picker
カーシェアリングが浸透してくると自分の所有物を他人が触れることに対する抵抗が減ってくるんでしょうか。GPSで場所もわかりやすくなるんでしょう。

配達人が悪さし始めたりハックされるリスクはもちろんあるんでしょうが、確率論と利便性の兼ね合いなんでしょうね。

そして記事にもありますが、不在時に自宅前に置いておかれる、というアメリカの現状を考えると、それよりはいいという判断が大きそう。

保険の新商品マーケットがどんどんできてくるイメージです。

日本での普及はいろんなハードルが大きそうですね。宅配ボックスやコンビニ宅配で十分という話がある。

ブラジルはどうかなあ。アマゾンで注文したりする層は大体マンション住まいで、マンションの入り口には大体守衛さんがいるんで荷物預かっててくれるからやっぱりまだ普及は先かな。
車やトランクを「宅配ボックス化」する試みですね。

さすがに、家の中に入ってこられるのは米国でも抵抗があったからでしょうね。

これなら日本でも適用可能だと思います。
車の中に入れておいてくれれば、とても助かります。

警察が防犯上の観点から「物言い」を付けるかもしれませんが…。
同じニュースを日本で見たら、不在でも置いていけるようにして、再配達率を下げるのが目的ね、となるところが、アメリカだと不在時はどうせ家の前に放置されちゃうのでせめて車のなかに、というセキュリティニーズに応えるサービスである、という違いが出るのが面白い。
以前、不在でも家の中まで配達するとか、冷蔵庫に入れるところまでやる、みたいなサービスが紹介されてましたが、監視カメラがついて、信用経済の中で悪いことをする代償が大きくなっていくと、どんどん信用をベースに世の中が回り始めるのかは大変興味があります
いいですね!日本でいう宅配ボックスですね!
アマゾンが現実世界にどんどん浸透していっている笑

こういうアイディアってセキュリティがどうとかいう人がいる気がするけど、IoTなんて全部セキュリティの脅威にさらすようなもの。
重要なのってセキュリティのリスクとどう付き合っていくかだと思う。
車のトランクや後部座席に配達。確かに家の前に置かれるよりは安全。車上荒らしなどのリスクもあると思うが、対応しているのは「アマゾンキー」に対応しているGM、ボルボなど一部の車種になるようだ。どこに配送するかというのは日本でも大きな問題の1つ。ユーザーの理解さえあれば様々な可能性が考えられそう。
アマゾンは基本的に家の前に荷物を置きっ放しで宅配の効率性を高めています。一応家には宅配ボックスもあるのですが、家の前に置かれています。ほぼ毎週(?)何かしら頼んでいますが盗まれたことはありません。盗まれた場合は、アマゾンにクレームすれば再配達をしてもらえ、クレームが続くと家の前に放置してもらえなくなるそうです。

米国で採用しているこの方式は、なぜ日本で適用できないのでしょうか?日本の方が治安悪くて盗まれやすい!?
ロボットは作る。マイカーにも配達する。
とにかくお客様が一回で受け取れる環境を整えることにまで手を伸ばす。

売れたら終わりだとは決して思っていない。

カスタマージャーニーを徹底して作り上げる。
しかも如何にスムースにするかを考え続けている。

ホントこの企業は小売業の領域を軽々と越えて、カスタマージャーニーカンパニーになろうとしている。
家に入られる、玄関に置かれるなど以外の選択肢も増えていきますね。選択肢が増える事は良い事だと思いますし、アマゾンキーの普及も同時に気になるところです。
翻訳されるの早い!
早いのはいいんだけど日本でやりもしない、アメリカでも一部でしか始めないサービスを日本で報道する意味って

まあトレンドのキャッチアップか

置き去りはアメリカのデリバリーの常ですが、置き去り盗難よりデリバリーオペレーションミスの方が多い実感
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
185 兆円

業績