新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
こちら北京。
明日からモーターショーにて、日産・ディディの件、しっかり取材したい。
日産からは明日、中国市場向けEVの初披露もあるようだ。
北京、気温25度を超えて熱い。
人気 Picker
日産の公式リリースに詳しい。

要するにモビリティ革新全て、自動運転、EV、コネクテッドを見据えたスマートモビリティプロジェクトとのこと。
見逃せないのが10億ドルのVCファンドを設立したと。

主語はアライアンスとの事ですが、主導はDidiかつ「パートナーの1社」との事にてOne of them. 非常に象徴的で、モビリティ革命はDidiやUberのような新興企業がリードし、既存勢力がそれについていく格好です。

https://newsroom.nissan-global.com/releases/180424-01-j?lang=ja-JP
今日から北京モーターショーです。
もちろん取材に行きます。
日産さんは中国市場では非常に積極的に行動しています。車の販売量も増えています。
滴滴出行は、もうただのタクシーを呼ぶアプリではなく、サービスの内容も豊富です。
おそらくシェア自動車の時代はいずれ中国に来ます。車メーカーはいかに新しい時代を備えるか、今から考えるべきです。
日産さんはそのように行動していると思います。
日産と三菱の協業はどんどん進んでいきます。グループが束になって提携と協業を進める先に何を求めているのか気になるところです。北京ショーにはもちろん編集部から取材に行ってます。
今年2月には仏ルノー、日産、三菱自動車の3社が中滴滴出行と、「中国における新たな電気自動車(EV)のシェアリングサービスに関して将来の業務提携を探る覚書に調印したと発表」がありました。
https://newspicks.com/news/2806411
提携が実現した形になりますね。

また、今日はWSJより滴滴出行のIPOの可能性についての記事が出ています。
https://on.wsj.com/2qWkTzF
Ishida Reikoさんが貼って下さったように、既定路線ですね。

クルマ作って売るってだけじゃビジネスとして辛くなるのが見えてきてますし、こうなるでしょうね。

今後どうなるか見ものです。
ロゴかわいい
なにで提携するかが大事、具体的に決めるのはこれからとのこと。ライドシェアアライアンスがなにか?と思ってたら、ファンドのことね。
日産的には唾つけといたところか。DiDiと一緒に中国のいいスタートアップを見つけて必要な要素を議論しながら、協調していい自動車とサービス作っていきましょう的な。
Ishidaさん、蛯原さんのコメントがありがたい。

日産の10億ドルのVCファンドには注目したいです。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.48 兆円

業績

ルノー(フランス語: Groupe Renault、英語: Renault Groupe、法律上: Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車メーカー。日産自動車(およびその傘下の三菱自動車工業)やダチア、アフトヴァース、ルノーサムスン自動車などを含めると世界最大級の自動車メーカーである。 ウィキペディア

業績

三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、英語: Mitsubishi Motors Corporation; 略称:MMC)は日本の自動車メーカー。 ウィキペディア
時価総額
5,484 億円

業績