新着Pick
315Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ワタシのソンケイする研究者の一人、UCバークレーのKen Goldbergさんが火曜にセミナーに来てくれたのですが、そのまとめが「singularity ではなくmultiplicityって呼びましょう」でしたよ 「AIを恐れる気持ちは移民を恐れる気持ちとよく似ている、よく知らないからコワイのだ、過去移民がそうであったように、知能的な機械とのコラボで、ヒトの能力がmultiply するだろう」、という、結論としては pro AI によくある意見なのですが、韻を踏んだ一言でウマイコト言うのは、流石ワタシのココロの師匠の一人、と感心しましたねぇ まだ流行ってないみたいですが 

http://ieor.berkeley.edu/news/06-12-2017/call-multiplicity-how-humans-and-machines-can-work-together

あ、移民のアナロジーは、実際奪われていくであろうシゴトのタイプに関しても使えますねぇ サスガ師匠
人気 Picker
社会は常に変化しています。特に、我々が求めることは変化します。仕事は、人から求められることを行うことで社会の役に立つ行為です。
 従って、人が求めることが変わった時に、仕事は変わります。変わらなくてよいという考え方は独りよがりでしかありません。仕事が変わるのは、誰かが変えるのではなく、我々が求めることが変わるからです。
 私の両親の実家は、父方が大工、母方が農家でした。私が生まれた頃は、就業人口の半分は農業に従事していました。これが両親の実家の構成に典型的に現れています。今は農業従事者は1%以下です。約60年で半分の仕事がなくなりました。ここに人工知能はなにも関係ありません。社会が常に変わり続けていることを示しているにすぎません。
 人工知能がない時代でも、職業もタスクも常に変わり続けてきました。皆さんが求めることが時代と共に変わるからです。そして、仕事とは求められることを行って社会に役立つことで、自分のやりたいことを行うものではないからです。
 今後も変わります。特に、20世紀は標準化されたモノを大量生産することが行われました。基本的な社会のインフラを整える段階では、それぞれの個性や多様なニーズに応えることはそれほど重要ではありませんでした。
 今時代は全く変わりました。それぞれの個性や状況にあったものしか求められなくなりました。今後、この傾向はますます高まります。これに答える必要があります。このような個別的で多様なニーズをを皆さんが求める結果として、仕事は変わります。人工知能はそれに答えるために役立ちます。その結果、職業もタスクも変わります。しかし、本質は、人が求めることが変わるからです。そして人が求めることが変わるのを止められる人はいません。
AIに仕事が奪われるかを恐れるより、AIへの理解不足によって他者に仕事奪われることを恐れるべき。
本当に仕事を奪いに来るのは、いつの時代も適応した人間自身である。
私はインターネットと同じだと思っています。

インターネットが登場したときも同じ議論がなされましたが、今となってはインターネットで仕事が仕事を奪うと思っている人はいないはず。むしろ増えている。ただし、それを使える人と使えない人の格差は広まっているかも。

もう1つの視点でいうと、Google, Amazon, Facebookはインターネットの登場から10年以内に生まれた会社。いまのAIブームの火付け役が2012の深層学習優勝だとするともう6年経ってます。

本当に怖いのはAIの本質を理解せずに「AI脅威論」などと煽り立てる報道とそれを検証せず鵜呑みにする行為かもしれません。NPでは多くの識者がそれをわかりやすい言葉で解説してくださるので、理解が広まっているのを感じます。
先日飲食店のAI活用を見ました。もちろん分野別に無くなった仕事もありますが、結果的に残業0、年間休日大幅増、平均賃金5万円増など、一人辺り生産性が高まる事で超ホワイト企業に。どう活用するか?ですね。
最近何か質問するとき常に「AIにできない問いは何か」と考えています。ギャグしか思い付かねー( ・∀・)
「人工知能に仕事が奪われる」
ではなく
「デジタル化に向けて私たちは何を学び直すべきか?」

未来に言及しているのは同じですが、受動と主導が違う。
前者視点で悶々としても何も生まないので、後者視点で行動しちゃう方が早そうですね。
AIは、仕事を奪っても、給料は奪わない。AIは人間の食物を奪わない。AIを利用しようとするとお金を要求するかもしれないが、要求しているのはAIを扱っている人間だ。したがって報酬の奪い合いは、人間同士の能力での競争なので、AIを恐れるに至らず。さらに、人間は、集まるのと余計な仕事を生み出す。
自動化されるのは職業ではなくタスク。
AIは新たな仕事を生む。
仕事は減らないがAIに対応できない人が失業する。
大事なのは教育。
同意します。
いつの時代も人間の自己生存優先意識と、権威主義に基づく我欲並びに支配欲が全ての問題の根源ですね。

人工知能ですから、AIの発想もいずれ結局は、ココロを持つ方向に行った時、人間のこういった我欲、支配欲の意識が潜在にはある事で、影響を何処かで受けていく訳です。

本当に怖いのは、矢張りこういった潜在的なダークな意識にを持つ人間が諸悪の根源そのものと、AIが結論づけた時ですね。SFのコンピューターの叛乱もありがち想像の域だけではないかもしれません。

然し、産まれたての赤ちゃんの時はどんな人も、無垢ですからね。
結局は、人次第です。