新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

75Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「女性を応援すると男女の関係が疑われる」というのは、今では信じられない話だが、僕の世代の(僕は野田さんより少しだけ年上だ)地方であれば、まあそんな時代の、しかし最後の頃だった。非自民連立政権の誕生には日本新党で細川さんと共にいた小池百合子さんも活躍したし、時代の転換点だったように思う。女性を売りものにしなくていいのが理想だが、現実には「目立つ」ことも資質のひとつだし、また女性の方が男社会を丸く収めるコミュニケーション能力に勝る部分もあり、それはある意味実力だと思う。ただ、しっかりとした政策の裏付けがないと、それも長続きはしない。
「悪名は無名に勝る」
事業経営もそうなのだと最近思います。
綺麗事と同じ分だけ闇がある。

闇は決して悪事ということではなく、
取り返しのつかない失敗体験や、商品・サービスが合わなかった人からの批判、経営者の未熟さなど、全てそれぞれの事実。

これを受け止め、飲み込める力が経営者には求められますね。
"「勉強しなさい。変な小理屈を覚えるんじゃなくて、現実の数字を覚えなさい」"
おかしな言い方ですが、竹下登ってやはり凄いんですね。どうもリクルート事件や田中派分裂にはじまるその後の派閥崩壊などいいイメージがありません。
evidence based policy makeだいじ。
サムスンの李健煕は上手いと思った寿司の米粒の数を数えたそうです。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。