新着Pick
799Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
メルカリファンド の投資先の一つとして、ecbo cloakが特集されました!
(冒頭からすごい入りで冷や汗かきながら読んでました、、笑)

ecbo cloak(エクボクローク)は、コインロッカー代わりにスーツケースをカフェや漫画喫茶、郵便局に荷物預かりができるシェアサービスです。サービス開始して1年強経ちましたが、コインロッカーがカバーしきれない潜在市場をecbo cloakはつくっている手応えがあります。例えば、コインロッカーには入らない「スキー板」や「ベビーカー」、さらには「自転車」まであるんです!

今年2月上旬にシリーズAの資金調達を実施した際に、JR東西とメルカリに入っていただきました。「JR東西はわかるけど、なぜメルカリ?」と多くの方に言われてますが、「ecbo 10年構想」を達成するためにメルカリさんは必要不可欠なパートナーでした。

「モノの所有を、自由に」がecboのミッションです。ecbo cloakは、今は「荷物預かりプラットフォーム」ですが、いつかモノの所有をボタン一つでワンストップでできる「荷物管理プラットフォーム」を目指してます。その世界になれば、本当にワクワクで一刻も早く皆さんとその"絵"を共有したいと考えてます。

今回投資検討していただいたメルカリファンドの皆さまには本当に感謝しております!ハードワークします!

【追記】ecboは全ポジション募集してます!!
カジュアルに応募ください!
https://www.wantedly.com/projects/190331
旅行でも出張先でも、空いた時間にちょこまか動きたいタイプなので、荷物を預ける場所を探すストレスは痛感しています。

探し回る時間がいやなので、飛行機に乗るときも、基本的には荷物は機内持ち込みだけで済ますようにしていたのですが、このサービスが各国で広がってくれたら、旅や出張のスタイルも変わるかもしれません。

工藤さんは、爽やかに、壮大なことを言ってのけるタイプで、話していてもすごく爽快でした。彼らがどこまで伸びていくのか、見守りたいと思います。
もはやビジネスは、”ゲーム”となんら変わりがないと教えると、いまの大学生は目を輝かして食いついてくる。そうしたモデル起業家として、今回登場されている工藤氏や、Anymindの十河氏をはじめとした20代・30代経営者は、時代のヒーローになりうる人物だと思う。
荷物を預けた人の3割がその店で飲食するというのも面白いですね。固定費かかるならば、空白時間に売上を上げたいところも多いでしょうし。また利用者側も既に7割が海外の方というのも驚きですね。
飲食・小売店舗を広く募って荷物を預けても特に問題が起きないのは日本ならではと感じます。
預かってくれたお店に落とすお金が増えるというのも大変おもしろいですね。個人的に親切にされたと感じると、自然にお金で返すというのは他のところでも大いにヒントになりそうです。
ecboは創業からの個人での支援投資先ですが、たった1年強で目覚ましい企業成長、事業成長を見せるとともに、CEO自身も急速な成長をしている27歳。また野心も強く、貪欲に知見を吸収して、素直に伸びているという強い印象を受け続けてます。ベンチャー企業がメガベンチャーになる最速で5年くらいと考えると、5年後もまど32歳。起業家としても注目の若手CEOです。
僭越ながら、私の構想と近いものがあり、大変に共感を覚えます。ぜひお話ししてみたいです。
我が阪急阪神グループは出遅れてしまった!利用エリア一位と四位の大阪ミナミ、キタにターミナルを持っているというのに。
海外の方に優しい街になることはとても良いことだと思います。荷物を預ける先で交流も生まれますし。
末尾のメルカリとの妄想がとても気になります。
荷物、誰しもが困ったことがありそうで、言われてみればこういった解決方法がある!
あとは、海外からの利用が多いというのも面白い。そういったアプリが、海外ではないということだろうか?そうすると、展開スピード次第では、海外含めて取れる可能性がある。
海外の場合、おそらくセキュリティ上の理由だと思うが、コインロッカー自体がそもそもあまりなかったりすることもある。なのでそこへの対応とかは必要かもしれないが(日本でもリスクとして意識すべき課題ではあろうが)。
ecboの取り組みにはかなり興味を持っていて、でも使ったことないのですが(ごめんなさい)、注目し続けているecboさん。
NPでインタビュー記事が読めるのは嬉しい!

ecboのサービスの本質を考えると、荷物預かりの次は、やっぱり、預けた荷物をそのままホテルや自宅、次の異動先にまで配送してくれるサービスが必須だと思う。いつかそれが実現される日がくれば、母子旅にとって(母子だけで旅をしたい)心強いものになるとも思います。期待してます!
この連載について
金融事業のメルペイ、シェア自転車のメルチャリ、スキルシェアのteacha。フリマアプリを日本に広げたユニコーン企業、メルカリが独自の経済圏を築こうとしている。メルカリが描く、経済圏の未来図とは。徹底取材で解き明かす。