【鈴木大輔】人生の主人公になれば、日本人は勝負強くなれる

2018/3/16
自分に意識を集中して主体的に生きる。
周りにどう思われるかなんて関係ない。
どうやったら自分の最大のプレーを発揮することができ、楽しめるのか――。
恥ずかしながら、アスリートにとって非常に大事なこれらの要素が頭ではわかっているつもりでも、全然体に染み付いていないと日々痛感しています。
日本人選手は練習ではいいプレーをするけれど、それを試合で発揮できない。一方で、外国人選手は試合で最大の力を発揮できる。日本人は勝負強くない……。
これらはよく言われていることで、日本サッカーの課題だとされてきました。実際に外国人選手が練習では考えられないようなとんでもないシュートを、試合で決めているのを何度も見てきました。
「外国では幼い頃から結果を残さなければ生活していけないような、ハングリーな環境で育つ子どもたちがいて、育成年代から厳しい競争がある。だから彼らは勝負強いんだ。自分たちももっとハングリーになろう」
そんなようなことを、海外を見てきたという指導者の方に学生の頃、言われたことがあります。スペインの育成に携わる方に聞いても、育成年代からプロと同じようなリーグ戦が行われていて、選手個人でも引き抜きがあったり、出場時間を求めてカテゴリーを落としたりということが普通に行われているといいます。
自分が所属しているチームにも様々な国の選手がいますが、彼らと一緒に練習していると、取り組み方に大きく差があるなと感じました。同時にその練習の取り組み方が勝負強さを作っているなと思います。